[映画]ドリームキーパー


サモアにつづき、スマトラ島での地震、フィリピンでの台風による大洪水など、
テレビのないクリキンディのもとにも、ニュースは届いています。
オリンピックがどこで開催されるとか話題のようですが、そんなことより、
オリンピック誘致のために使った予算を、被災地域への支援にまわして欲しいクリキンディです。

離れた場所で起こったことだから、私には何もできないし…
と無関心を決め込むのでなく、
せめて、それを「思う」こと、「祈る」こと、そして「伝える」ことを心がけようと思います。

では、本題です。
クリキンディの数ある前世の中に、「インディアン」というのがあります。
リーディングできる方に言われるまでもなく、
インディアンジュエリーやファッション、焚き火やキャンプが好きだったりして、
まぁ、間違いないな、って感じなのですが。

075184

セドナに旅をした際のリーディングでは、
「確かに300年ぐらい前、この近くのキャニオンにいたことがあるけど、特にカルマとかそういうのはないよ」
と言われ、過去のアルバムの1ページに入っている、ぐらいな気持ちでした。

そしてつい1週間ほど前のこと。
ネイティブの方をお呼びしての「お話会」を開催しますよ、という情報が入りました。
なんとなく興味はあったものの、参加費の金額に躊躇し、パス。
しかし、数日後に、別な会場での企画の話がやってきて、むむむ、と考えていたところ、
また別な方からも情報が入り……。

わかりました、わかりました!
行きますってば。
とりあえず予約しましたとさ。

話変わって、ついさっき、久しぶりにDVDを見ようかとTSUTAYAに行ってきました。
目的のDVDを見つけた瞬間、「あ、これ見たことあるじゃん…」と気付き、
しかたなく、他のものを物色。
あれもこれも、見たいけど、なんだか今日の気分じゃない…

そして、ファンタジーコーナーでなんとなく手に取った一枚、
よく解説を読みもせずに、借りてきちゃいました。

見る前に、
「今日は、天気がいいから窓をあけて、久しぶりにセージでも焚こうかな」と火をつけ、
いざ見始めたら、
あら、これって、まるっきりインディアンのお話じゃないですか!

「ドリームキーパー」(2003年公開)

インディアンの語り部のおじいちゃんと、
パウワウ(アメリカの各地で開催されるインディアンの集会)に参加するために、
1000Kmの道のりを運転させられる羽目になった、孫である青年のお話です。

道中、おじいちゃんが、いろいろな部族に伝わるお話をしてくれるので、
オムニバスを見ているような感じです。

なんなんでしょう、このシンクロのタイミング。
もう、誰かに突き動かされているとしか思えません。
ご丁寧にセージまで焚いちゃって。
(ご存知ない方のために一応解説:インディアンの儀式では欠かすことのできないハーブです。パワーストーンの浄化によく使われます)

映画を見ながら、「ストーリー上、泣き所じゃないし」というところで号泣し、
またまた、過去生の何かが解放された模様です。
そして、主役のエディ・スピアーズのかっこよさに、メロメロです。(死語か?)

影響されやすいクリキンディ、
よし!私はこのインディアンのような「語り部」になるっ!
と誓ったところです。

では、今から、そのインディアンのメディスンマンにお会いしに行ってきます。
どんなお話が聞けるのか楽しみ〜!

人気ブログランキングへ←ブログを書くのは、ある意味「語り部」と似てるかも?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。