ジオパシックストレス〜その5


どうも、今年は寒くて、5月も半ばだというのに、
コタツで居眠りがやめられないクリキンディです。

ジオパシックストレスについて、
現在進行形で書いています。
まぁ、つまりは未解決、ってことなんですが…

とにもかくにも、
あまりの体調の悪さをなんとかすべく、
まずはベッドの位置を変更することにしました。

北東の角を頭にして、南北方向に置いてあったベッドを、
部屋の中央にずらしてみました。
↓こんな風に。

するとどうでしょう〜!
次の朝の目覚めの感覚がまるで違います!

水脈なんだか、地磁気なんだか、鬼門なんだか、
原因ははっきりわからないものの、
とにかく、場所が悪いということはわかりました。

前日と比較して、なんだかすっかり身体が軽くなったクリキンディ、
調子に乗って、
またもやベッドの位置を変更することにしました。

だって…
6畳の部屋の真ん中にベッドって、
あまりに使いにくいんですもん。

そこで、部屋を広く使えるように、
北側にベッドを寄せてみました。

するとどうでしょう〜!
次の朝を待つまでもなく、
最悪の寝心地になってしまいました。
頭はぐあんぐあんするし、
寝ている間中、心臓が痛くてたまりません。

しかし、部屋の真ん中にベッドを戻すのは、いやなんです。
もう、ここまでくると、
完全に「実験くんモード」です。

枕の位置を反対側に変えてみました。

するとどうでしょう〜!
夜を待つまでもなく、
枕の場所を変えただけなのに、
すでに身体が軽いんです。
空気の壁に囲まれていたような、身体の拒否反応がなくなります。

ということは、北東の角に、何かあるに違いない、
という予測が立ちます。

しかし、この位置だと、
頭の重さは回避できるものの、
足にだるさが残ります。

うーん、
まずは原因をさぐるべきなのか?
ダウジングしてみるか…?
どうやってやるんざんしょ?

人気ブログランキングへ←いつになったら安眠できるんでしょう…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。