龍の雨


今日は、関東甲信、北陸、東北南部の各地方での梅雨入り宣言が出されたようですね。
じとじとと降り続く雨の時期は、いろんな匂いが強く感じられますよね。
土の匂い、植物の匂い、コンクリートの匂い、人の匂い…
まぁ、楽しいこともそうでないこともあるってことで。

雨と言えば、昨年の夏は、本当に変なお天気でした。
「ゲリラ豪雨」という言葉が流行語大賞に選ばれたほど、各地で大きな被害をもたらしました。
地球温暖化の影響とも言われましたが、
もうひとつ別な理由もあったんじゃないかな、とクリキンディは思うのです。

ここから先の話は、あくまでも私の想像と仮説です。
なにひとつ調査していませんし、証明もできません。

昨年の夏には、ある気象実験が行われている、という噂がありました。
それは、
ある「地点」で、どうしても「雨に降って欲しくない」と願う人々がいて、
「ヨウ化銀」なるものを空に撒くと、それを核として雲が発生するらしいことを知り、
毎日、その「地点」から離れた場所で「ヨウ化銀」を打ち上げていたらしい、という噂でした。

その「地点」では、どうやらその時期、晴天が続いた模様で、
一見、実験が成功したように見えました。
しかし、その時期、日本では各地で「ゲリラ豪雨」が頻発していたんです。

そして、ふとした瞬間に、空にチャネリングしちゃった友人が
「大きな龍がね、怒っているの。なくならない…って言ってる」
と教えてくれました。

これって…
自然の摂理に逆らって、天候を変えようとして、撒いた毒物を
龍が浄化しようと、一生懸命働いてくれていたってことなのでは…?
(「龍」って想像上の生き物でしょ、というツッコミはこの際ナシでお願いします。)

ヨウ化銀は毒性が低いのだそうです。
よほど大量に摂取しない限り人体に影響しないのだそうです。

ああ、それなら安心だ、と思いましたか?
どんなに毒性が低くても「毒」であることに変わりはありません。
人体に影響しないなら「毒」じゃないと思いませんか?
「人体に大きな影響があるように見えない」だけじゃないのかな…

その頃、クリキンディの実家で飼っていた犬が、夏から秋にかけて
まるで森進一のようなハスキーボイスになったことも
もしかしたら無関係ではないのかも、と思っています。

クリキンディの心のコンパスは、
こんな気象実験に「NO!」を指し続けています。

人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。