受賞できないワイン



巷ではボジョレの話題がひとしきり通り過ぎていきました。
お酒が飲めないクリキンディにとっては、
ふーん…で終わっちゃう話なんですが。

今日はワインについて、ちょっと小耳にはさんだお話を。
世の中にはいろんな食べ物、飲み物などの品評会があるようですが、
ワインの品評会で、ほぼ絶対に受賞できないワインがあるということを聞きました。

いや、まずいわけじゃないんです。
たぶん、すごくおいしいと思われます。
ただ…
審査員曰く、
「毎回試飲する度に味が変わって、安定しない」
という理由で受賞しないらしいのです。

毎回味が変わるってどういうことなんでしょうね?

その答えを言う前に…
「酒は百薬の長」ということばがあります。
ほどほどにしておけば、お酒は身体にいい、という認識がある方も多いと思われます。
でも、飲み過ぎれば肝臓に負担がかかる、という話もよく聞きます。

しかし、本当のところ、どうなんでしょう?
昔のお酒は、自然界にある菌を利用して発酵させたものでした。
発酵食品は、お酒だけじゃなく、味噌、しょうゆ、チーズ、ヨーグルト、漬け物など、たくさんありますね。
発酵食品は、長期保存を可能にし、しかも身体にいい!

発酵は、「生きている菌」が働いてくれるから起こることで、
当然のことながら、日に日に状態も味も変わります。
しかし、それでは商品として流通しにくいため、
発酵を止め、味を一定に保つために、様々な保存料や、添加物が加わります。

問題は、そこ!
それらの保存料や添加物が、ほとんど身体によくないものなんです。
そういうものを分解するために、肝臓ががんばっちゃって弱っちゃうらしいのです。

本来、身体によい食品をとると、すぐに身体の反応が始まります。
たとえば、あるミネラルが必要な時は、それをすごくおいしいと感じます。
ですが、身体が足りてしまうと、さほど欲しいと思わない。
満腹感とは、まったく別な理由です。

これ、ちょっと意識して食事してみてください。
驚くほど身体は正直です。
だから、本当に必要な栄養を、代替品で補おうとすると、
(例えばにんにくが必要な時に、ニンニクフレーバーのポテチを食べるとか)
すごくおいしいと感じるけど、満足できず、いつまでも食べたくなってしまいます。

だいぶ話がそれましたが、
アルコールも同じことなんですよね。
毎回受賞できないワインは、
飲んだ人の身体がすぐに反応するため、
次の一口を飲んだ時に、味が変わっているように感じてしまうらしいのです。

どんなものなのか飲んでみたいですよね〜?
クリキンディはたぶん永遠に未体験ゾーンですけど…

このワインは、
シュタイナーが提唱した「バイオダイナミック農法」で作られたものだそうです。
数は少ないけれど、市場にも時々出るようです。
興味のある方は飲んでみて、感想を教えてくださいね。

☆Bioワインの入門セットなんてのがあるじゃないっすか!

☆こちらはcrossroadという番組でも紹介された大岡弘武さんのワイン。

人気ブログランキングへ←皆さんが審査員です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。