気持ちいい周波数


暑い日が続いていますね。
クリキンディは基本的に暑い方が好きなので、
エアコンはあまり使いませんが、節電のためではありませんよ〜。

電気は足りていると思われます。
もし本当に足りなくて停電の危機にあるのだとしたら、
総電力使用量の約90%を使用している「企業」に節電して頂けば解決します。
それも一日中節電する必要はありません。
ピークは7‾8月の真夏日、午後2時前後です。
寝苦しいのに、夜中にエアコンや扇風機を止める必要はありません。
一般家庭のブレーカーをすべて落としたとしても、
たったの9%しか電力使用量は減らないそうですよ。
(田中優さん講演情報より)

話変わりまして…
放射能で傷つけられた細胞を修復してくれる方法があるという噂を耳にしました。
まぁ、大きな括りで言ってしまえば「音楽療法」になるのでしょうか。
周波数528ヘルツが細胞修復に効果がある高さなのだそうです。

【参考サイト】
「ソルフェジオ周波数」
http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/zatugaku/post_40.html

「Source Vibrations」
http://sourcevibrations.com/videos.html

ものは試し!ということで聴いてみましたが、
お?あれれれ?
身体が反応している気がします。
血流がよくなって身体が熱くなったり、
甲状腺の部分がピリピリしたり、
ズレて苦しかった首の固いところや
背中の左側などが反応している気がします。

今まであまりこのようなNew Age系Musicは聴かなかったのですが、
なんかいいかも〜
ちょっと違う世界に行ってしまいそうです。

そうだなぁ、触れられているような触れられていないような、
ものすご〜〜〜〜くソフトなマッサージを受けている感じと言ったらいいのでしょうか。
ああ、お願いやめないでぇ〜〜〜!みたいな!

よくよく考えてみれば、
マッサージは振動です。
音も光も振動なわけですから、実は当たり前のことなのかもしれませんね。

でも、人はこうして心地よいと感じる振動があれば、
非常に不快に感じる振動もあるわけで、
すべての人が同じ振動を、同じように心地よい(もしくは不快)と感じるわけでもありません。

おそらくそれぞれの身体や心の状態によって、
心地よく感じる周波数が違うのだと思います。
以前にも、何か食べ物の記事で書いたと思うのですが、
「すごく好き」
「まぁ普通」
「嫌い〜」
と感じる場合、次のような状況にあると思われます。

「すごく好き」…自分にジャストミート、必要だし効率よく吸収できるもの。
「まぁ普通」…今はさほど必要ではないもの。
「嫌い〜」…ものすごく不足しているので、吸収するのが難しくて不快に感じる。本当は一番必要なもの。

これは音の好き嫌いにももちろん言えますが、
人間関係に当てはめるとよくわかるかも。
嫌いな人ほど、自分の成長に必要な情報を持っていたりするじゃないですか…不快だけど。

さて、
クリキンディは、気持ちよい周波数を聴いて、
傷ついた細胞の修復に入ります。
(早い話が、お昼寝タイム〜!)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。