「夢日記」カテゴリーアーカイブ

人生迷い道

あああ、疲れた……
って朝、目覚めた瞬間に思うことってありませんか?
今朝は、目覚める瞬間まで見ていた夢が、
とにかく疲れる夢でした。

クリキンディが、とあるローカルの旅番組のレポーターをやることになりまして、
デジスタの中谷さんが監修というか、案内役です。
その打合せを、町の中心部にある大きなビルの4Fでやっています。
(今度は4次元かっ!?)
ロピーのようなスペースで打合せしているため、
大勢の人が出たり入ったりしているのですが、
そこへ、クリキンディのリアルの仕事仲間が登場しまして、
ちょうど、そのビルで会議をしていたらしく、
他の仲間も大勢いて、これからレストランでランチだという情報が入りました。

打合せの途中ですが、中谷さんに別な取材が入って、
ちょうど待たされていたところだったので、
仲間に挨拶に行こうと思い、
3Fのレストランに向かいました。(こっちは3次元かっ!?)

ビルはなかなか複雑な形をしていて、
3階と4階を行き来するのに、半3階半4階があって、
(渋谷の東急ハンズをもっと複雑にした感じ?)
自分がどこにいるのか、どこに向かいたいのかすぐにわからなくなります。

なんとかレストランに到着できて、
いろいろ話ができたものの、
今度は打合せの現場になかなか戻れません。
ようやく戻れたのですが、まだ打合せは再開せず、
再度3Fのレストランに行く事にしました。

そこでかなりゆっくり過ごしてから、
そろそろ戻ろうとするのですが、
そこから迷う迷う!
気付いたら1F?みたいな場所だったり、
建物の外に出てしまったりして、まったくたどり着けません。

しかたなく、中谷さんに電話をするのですが、
中谷さんの名前が思い出せず、別な人に電話しちゃいます。
あ、すみません、間違えました!って切って、迷って歩いてあせって、
ようやく廊下の先に、手招きしていた舞台監督を見つけました。

合流するとすぐに、時間がないから、ここで今お昼をとってね、と言われ、
立ち食いっぽいお店で、ラーメンやたこやきなどを食べている取材班の横で、
何を食べたらいいか、また迷って困っているところで目が覚めました。

あああ、疲れた………
迷ってばかりじゃん。

これって私の人生そのものかも。
4次元の仕事の最中なのに、
3次元のメンバーが懐かしくなって会いにきていて、
一度下りたらなかなか戻れなくて、自分がどこに向かおうとしているのかわからなくなっている。

となると、今のクリキンディのリアルのお仕事は、
今回の人生でやろうとしていたことじゃないってことなのか〜?
懐かしいという理由で足踏みしているってことなのか〜?

ところで、
打合せを待っている時のエピソードをひとつ思い出したので、これも記録しておきます。
ローカル番組、その地方ではとても人気のある番組です。
誰もが通る場所での打合せなので、番組のファンの一般の方が、いつでも覗き込めます。
クリキンディ、あやうく自分の台本を奪われそうになりまして、
「あ、これはまだ放送前の台本なのでだめです!」って、
あわてて取り戻しました。放送後ならいいってことか……?

これってつまり、未来の台本を、一般市民に知られたら楽しみが半減しちゃうよ、
というメッセージですよね?

え?台本の中身?
もちろん大まかな内容は、夢の中のクリキンディは知っていますが、
地球の未来とは関係なさそうでしたよ。

小さな島に、船で渡ってそこの風景や、歴史のあるエピソードを探す、
というものでした。
あれ?関係なくもないのか?

う〜〜〜ん………

夢のつづきを待つ事にしましょう。

エレベーターに乗って9次元世界へ

今日も夢の話で恐縮ですが…
でも、どうしても、これはただの夢じゃないと思うので記録しておきます。

クリキンディが一緒に仕事をしている友人Mちゃんは、
マンションの8Fに住んでいます。
スピ友数名が同じ部屋に一緒に住んでいるのですが、
階下の7Fをお店にして働くことにしました。

8Fの部屋にはグランドピアノと電子ピアノが置いてあって、
そこで背の高い友人が、クリキンディと一緒に演奏してくれました。
え?ピアノ弾けたんだ!知らなかった〜!

8Fの窓から外を見ると、
地震の影響なのか、多くのアパートやマンションが取り壊されて
更地になっています。
残っている東側のマンションの屋上に、
ものすごく巨大な南国系の植物が生えていて、
屋上を這うように横に伸びているのですが、完全にはみ出しています。

7Fにいた友人にそのことを伝えたくて、下りるのですが、
残念なことに、7Fの窓からはよく見えません。

これは「珍百景」に応募しなくちゃ!と思い、w
写真を撮るために、もう一度8Fに上がろうとエレベーターに乗りました。
このブログに何度か登場しているりゅ〜いちゃんが一緒です。
(りゅ〜いちゃんの記事はカテゴリ「パワーアニマル」にあります。)

エレベーターにはおばあちゃんの先客が3人ほどいて、
1Fに下りようとしていたのに、
間違って7Fまであがってきちゃったようで、ちょっと不機嫌です。
私たちが上の階のボタンを押すのをさりげなく邪魔します。

そこを無理矢理8Fのボタンを押したのですが、
うっかり手が滑って9Fも押しちゃいました。
おばあちゃんたち、さらに不機嫌……

クリキンディとりゅ〜いちゃんの目的は
隣のマンションの屋上の植物撮影ですので、
別に8Fじゃなくてもいいと気付き、
9Fまで行ってみました。

そのマンションの9Fは屋上になっていました。
たくさんの植物を植えてあって、公園のようになっています。
カラフルなとかげや、リスなどの野生の動物があちこちにいます。
そして何より、人がたくさんいるのです、この屋上。
みんなほがらかに楽しそうに思い思いの時間を過ごしていて、
フリスビーをする人がいたり、動物たちと戯れたりしています。
車のタイヤをフリスビーにしている人も!ぶつかったら痛いっちゅうねん!

ここで目が覚めました。
ベッドでぼーっとしながら、以前見た夢のことを思い出しました。
「10次元への恋煩い」という記事に、
マンションの階層って次元にあてはめられるのかも、ということを書いたのですが、
あの時、クリキンディは、3Fより上の階に行けなかったのです。

今回はあっさり屋上行っちゃったじゃ〜ん!
9次元世界のイメージってこんななのかも?
すごく残念なことに、クリキンディの彼氏は10F(10次元)にいるため、今回も会えませんでしたが……

屋上でフリスビーをしている人たち、飛び回っているタイヤ、
それらのイメージって、もしかしたらUFOじゃん?

人は、夢の中で、現実世界の出来事を整理すると聞きますが、
違う次元や、パラレルワールドにスイッチしているとも言われます。

こうして細かいシチュエーションを記録しておくと、
以前見た夢との関連が見つけられたりしていいですよ〜!
皆さんもぜひ夢日記つけてみてくださいね。

10次元への恋煩い

今日、クリキンディを支配していた感情、
それは恋煩いでした。

何をしていても、なんだか手に付かなくて、
ふと気づくとため息ついちゃったりして…

彼はマジシャン。
最近一緒に暮らし始めたばかりです。
住んでいるのはマンションの10階。
下の階はショッピングセンターになっています。

下のフロアに買い物に出たクリキンディ、
買い物を終わって部屋に戻ろうとしたのですが、
なぜか、あちこち通行止めになっていたり、
エスカレーターやエレベーターがうまく動いておらず、
なかなか自分の部屋にたどり着けません。

クリキンディの帰りが遅いことを
きっと彼は心配してるだろうな、と思い
電話をかけました。

ク「なんか迷っちゃったの…家に帰れない〜(ToT )」
彼「そうか…でもぼくは、今からマジックのレッスンが始まるから、迎えには行けないなぁ」
ク「ううう、わかった…誰かに道を聞きながら、がんばってひとりで帰るね」

そこで目が覚めました………
ええ、夢ですけどナニカ!?

午前中は、この夢のことを忘れていたのですが、
午後になってふと思い出したら、
もう彼のことが恋しくてしょうがなくなってしまったんです。
そう、恋煩いの感情は本物でした。
彼がマジシャンということ以外は、名前も何も知らないのに。

たかが夢なのに、なんでこんなに感情を揺さぶられるんだろう…

もしかしたら、
これ、私にとってのアセンションのイメージなのかも?
と思いつきました。

つまり、私のツインソウルが10次元にいて、
私はこの3次元に目的を持って下りてきていて、
3次元での用事を済ませて10次元に戻りたいのに、
いろんな障害があってなかなか戻れない、
なんちゃってね!

もしそうだとすれば、
私はまだまだ残った障害物を片付けなくてはいけないことになります。
誰かに道を聞きながら…。

愛しい彼に会いにいくためなら、がんばれるかなぁ。
ああ、まだまだ遠い道のりだなぁ………

ワニに襲われて飛んだ話

えー、仏教番組の覚え書きが、莫大な記録になってしまいました。
でも、こうして書き留めておくことで、理解も深まるし、覚えておけるかなぁ?
学生時代に、こういう勉強の仕方をしていたら、もっとましだったのに……

ところで、クリキンディの家が、ややホーンテッドマンション的、
という話をいくつか過去記事に書いていますが、
引っ越してから半年以上が過ぎ、
だいぶ、ジオパシックストレス的なものも落ち着いてきています。
(過去記事に興味のある方は、カテゴリ<家探し>をどうぞ。)

ですが、スッキリ安らげる家、とまでは行かず、
再び、寝る場所を移動してみることにしました。

まったく日の当たらない、風も入らない、座敷牢のような部屋から、
南東の日当りのいい部屋に、ベッドを移してみたのですが…
これがまたダメージのある場所だったようで。
決して霊感が強いとかそういうタイプではないクリキンディですが、
そこで見た夢は…

いくつかオムニバスになっていまして、
時間軸ももちろんあやふやです。

なにやら、芸術を学ぶ学校に通っているクリキンディ、
窓から、くっきり富士山が見える絶景ポイントを見つけて急いでデッサンしています。
(実際の私はもちろん絵が下手!)

息子が何かをしでかし、説教するクリキンディ、
怒られて悔しかった息子が、私の靴に唾を吐いた!
何をするんだ!と怒りながら、風呂場で洗っていて。
(実際の息子はもう大人!)

音楽教室で、エレキベースの体験レッスンを受けているクリキンディ。
一緒に受けている友人は、バンドでベースを弾いているので、
簡単過ぎるレッスンがつまらないようで、途中退席。
(もちろんベースなんか弾けません!)

外へ出ると、なぜか道が水浸しになっていて、
大きなワニが泳ぎ回っている。
2匹のワニをやり過ごしたと思いきや、
別なワニが襲いかかってきたので、慌てて飛び上がり、
空中2メートルあたりに浮かんで、ワニと戦っているクリキンディ。

夢の中で、「ああ、私久しぶりに飛べたなぁ」って思ってるんです。

目覚めてから、ぐったり疲れている自分に気付きました。
寝ながら、何度も、みぞおちあたりに、強いアタックを感じていました。
これは、身体意識が拒否反応をしている時の感覚です。
前日に、いつも通っている揉みやさんで、
ほぐしてもらって、ゆるゆるしていた身体が、
あっと言う間に、ぎゅぎゅっと縮んでいます。

いくつか見た夢に、
「水」がかなりの割合で登場しています。
これ、水脈のジオパシックストレスかも…?
はぁ〜〜
だとしたら、お祓いとかしてもダメじゃん……
もうベッドの位置は変えられないよ〜〜〜〜(T△T)

人気ブログランキングへ←ブログランキング神社へようこそ!

到着まで2年9ヶ月

あああ〜
夢のストーリーってどうしてこう「朧」にかすんでしまうんでしょう〜〜
今朝見た夢は結構面白かったのになぁ。

ことのはじまりは、夜の町、
なにやら排水溝から、イルカのひれのようなものが覗いているので、
側にいって見てみたら、
イルカとは似ても似つかないものが出てきて…

「あ!宇宙人だ!」

ってなぜか思うんですが、
なんか、その宇宙人の仕掛けた罠に、
(そこに置いてあるおいしそうなものを食べると、手がうさぎみたいになっちゃう!)
まんまと息子がひっかかり、
他にも数名の大人がひっかかり。

うさぎの手は、白い毛のはえたミトンみたいな形で、
独立しているのが、親指じゃなくて小指側。
「この手じゃ力が入りにくいでしょ?」
って言ってる自分は、まだうさぎ手になってなくて。

うさぎ手になった人を、うさぎ星に連れていく計画だったようで、
「私、うさぎ手になってないけど、探るために一緒に行くわ」
って宇宙人に交渉して連れていってもらうことに。

そして載せてもらった宇宙船は、
いわゆるUFOみたいな飛び方じゃなく、
超低空飛行のジェット機みたい。

足下まで大きなガラスになったフロント部分から、
いろんな地球の景色を見て
「うわぁ〜すごい!」って感動している自分。
公園みたいな場所では、翼竜がバンバン飛んでくるし、
「地球にもまだ恐竜がいたんだね」って思ってました。

はっ!
ここまで書いていたら、もうひとつ見た別な夢の断片を思い出した!
なんか雨が降って雨宿りしていて、風間トオルが出てきたような……

…戻ります。
宇宙船の中で、
「うさぎ星到着までは2年9ヶ月かかるから、コールドスリープしてもらうからね」
って説明があって、
「コールドスリープの前にトイレにいっておくべきかしら」
「そんなにかかるなら、地球に戻ってきたら浦島太郎じゃん、戻れるかな」
なんてことを考えていました。

そして、今乗っている宇宙船から、コールドスリープ用の宇宙船に乗り換えるため、
ステーションに降り立ったのですが、
そこが、まるで西部劇の汽車の駅のような、木造の小さなほこりっぽい場所で。
そこから、いろんな星への宇宙船が出ている模様。

そこで目が覚めちゃいました!
ああ、気になる!うさぎ星!
そして宇宙人の本当の目的はなんだったんだろう〜?

人気ブログランキングへ←ここがもっと広い世界への扉です