「恋愛の話」カテゴリーアーカイブ

運命の人の見極め方

このブログを立ち上げてからようやく1ヶ月が経ちました。
顔は見えないけれど、読んで下さる方がいる、ということがとてもうれしいです。
子供の頃から、文章を書くことが好きだったクリキンディですが、
mixiのような、リアル友人が読んでいるブログには、なかなか思い切って書けないこともたくさんありました。
ここでは、思い切っていろんなことを表現できるので、楽しい〜〜〜!

さて、今日は恋愛の話です。
クリキンディの友人に、バツイチ、子持ち(2人)という人がいるのですが、
新しい彼氏ができ、赤ちゃんもでき、今では5人で仲良く暮らしています。
その彼女が「オトコを選ぶ基準」として教えてくれたのが、
「彼の子供を生みたいかどうか、そして、彼を介護できるかどうか」でした。

ああ、そうかも、そこまで思えてはじめて「結婚」という気持ちになれるのかも、
と思える納得のコメントです。

男性の友人から「結婚相手を選ぶ基準」の話も聞いてみました。
「うーん、そのひとと、一生セックスしたいかどうか、かな。」
こりゃまた、ストレートなご意見です。
まぁ、「浮気するのが男の本能」だと仮定するならば、
「ひとりの女性と一生セックスしたい」というのは、とても、まともなような気もします。

クリキンディも、ひとつ基準を考えてみました。
これからやってくると言われている「アセンションの時代」を一緒に眺めたいと思える人。
それが、私にとって「運命の人」を見分けるひとつの基準かもしれません。
今、思い浮かぶ男性がひとり、います。
それは…


愛する息子で〜〜す!
ええ、クリキンディはまぎれもないバツイチです!
あれれ?告白文になっちゃったよ…。

皆さんには、自分の運命の相手かどうか、見極める基準ってありますか?

人気ブログランキングへ

愛を表現すること その2

生きている間に、妻への愛を表現しなかった夫の
「投函されることのなかったラブレター」の話を昨日の日記で書きましたが、
ふと自分のことを思い出したので書いてみようと思います。

それはクリキンディがまだ若かった頃…
好きな人とデートすることになりました。
続きを読む 愛を表現すること その2

愛を表現すること

先日放送された「アンビリバボー」で紹介された「天国から届いたラブレター」をご覧になったでしょうか。
子供の頃に事故で両手を失った画家の男性と、その妻のお話です。

障害に負けず、口に絵筆をくわえて絵を描いている、安達巌さんの新聞記事を見て
運命を感じた日高昌子さんという女性が、積極的にアプローチ、
会って間もない上、お互いの気持ちを確認することもせず、まだ付き合ってすらいないのに
いきなり押し掛け女房となってしまいます。
続きを読む 愛を表現すること