「お役立ち豆知識」カテゴリーアーカイブ

イマドキの自費出版 その2 オンデマンド印刷編のつづき

「その2のつづき」とかなんだかややこしくてすみません〜笑
では残りの情報をざざっとご紹介しちゃいます。

まず、サイトで入力するのが書籍のタイトルです。
え?そこ?と思いますが、仮題でもいいので、まずはひとつの部屋を作るというか、プロジェクトを立ち上げる、みたいな印象でしょうか。

そこからpdfのアップロードなどを入るわけですが、
かなり親切にいろいろ説明サイトがあるんです。
例えば原稿のサイズとか、とじしろのサイズとか、それを設定する方法とか、まぁある程度PCやアプリの知識がないとできませんが、ちゃんと教えてくれます。

続きを読む イマドキの自費出版 その2 オンデマンド印刷編のつづき

イマドキの自費出版 その2 オンデマンド印刷編

一つ前の投稿からのつづきになります。
自費出版したい人にとって、デジタル出版であるkindle direct publishingのサービスが、ノーリスクでお手軽に出版できるということはご理解いただけたと思います。

それでもやっぱり製本された紙原稿を読みたい、そういう形で残したい、配りたい、などのニーズはまだまだあります。
しかしこれまでの自費出版は少なくとも数十万円もの初期費用が必要で、しかも大量に在庫を抱えるリスクがありました。

そこで生まれたのがオンデマンド印刷のサービスです。
とにかく価格を抑えて紙原稿を作りたい人にぴったり!
いろいろな出版社があると思いますが、私が利用したMyISBNというサービスについてご紹介します。

続きを読む イマドキの自費出版 その2 オンデマンド印刷編

イマドキの自費出版その1 kindle編

インターネットというものが一般市民に利用され始めた頃は、まだ企業などが宣伝のためにホームページを作っていたりする程度でしたが、昨今はブログやらSNSやらで、みんなが「発信者」になれる時代です。

これまでにも時々告知しておりますが、私も何冊か本を出しています。
出版事情も昔とはいろいろ変わっているようで、私が利用した方法を参考までに記録しておきます。

kindle出版は本当にお手軽なので、
ブログ書いたり、4コマ漫画描いたり「表現すること」が好きな人は、ぜひやってみるといいと思います。

続きを読む イマドキの自費出版その1 kindle編

住宅確保給付金がもらえる条件がなかなかに厳しかった

自粛自粛の毎日、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
仕事がずーっと休みになっていて、5月の収入はゼロ確定のクリキンディです。

すでに緊急小口資金の貸付は受けたけれど…

10万円の支給を待ってる間にどんどんやばい感じになってくるなぁ…
ということで、今度は「住宅確保給付金」というものを申請しに行ってみました。
どっちも窓口は「社会福祉協議会」なのよね。
でも、お金を出している母体が違うらしく、必要な書類も手続きも違ってめんどくさ!

続きを読む 住宅確保給付金がもらえる条件がなかなかに厳しかった

ウイルスと菌の違いを知らない人が多いみたいなので簡単に説明してみる

そんなこと知ってるよ、って方はスルーしてください。
もしくは「それ間違ってるよ」的なツッコミもお待ちしております。

すごく簡単に言うと、「菌」は「細胞を持っている」
「ウイルス」は「細胞を持たず、核だけの存在」

ということになります。
ウイルスがとても小さいと言われるのはこういうことです。

続きを読む ウイルスと菌の違いを知らない人が多いみたいなので簡単に説明してみる