「クリキンディの創った話とか音楽とか」カテゴリーアーカイブ

知らないうちにかけられたたくさんの暗示に振り回されずに生きていけばきっといろいろ楽になる

これまでにも何度かご紹介していますが、これは本のタイトルです。
私たち人間は、常にいろんな暗示の中にあるということを知らずに生きています。
もちろんそれが全部悪いわけではありません。

ですが、毎日テレビでも新聞でもネットでも、
いろんな情報に触れる度にじわじわと暗示を受けて生きるのが苦しくなっていることも確かです。

コロナウイルス、いったい本当はどうなんだろう?
政府は本当はなにをしたいんだろう?
オリンピックはどうなるんだろう?
仕事が減った私はどうすればいいんだろう…

おそらく答えを外側に求めてもわからないのだと思います。
意図して「人をコントロールしようとする」情報を流されているのだとしたら、どうやってそれに対抗すればいいんでしょう?

続きを読む 知らないうちにかけられたたくさんの暗示に振り回されずに生きていけばきっといろいろ楽になる

酔っ払った時に本音が出ちゃう



あるレッスン会場での出来事。
いつもは2階のお部屋で外から覗かれることがまずない会場なのですが、
お店の都合で、1階の通りに面した総ガラス張りのお部屋でレッスンすることになりました。

通りに面していると言っても、裏通りなのでほとんど人は通りません。
ブラインドを下ろしてしまえば、よほど近づいて、隙間から覗き込まないと見えないぐらいの部屋なのですが、
「え〜こんな丸見えの部屋イヤだだよ〜、恥ずかしいよ〜」と難色を示していたおじさまがいらっしゃいました。
確かに、人が寄ってきて覗かれたらイヤですが、実際誰もいないんです。
続きを読む 酔っ払った時に本音が出ちゃう

続〜私の愛しいロボットたち



「私の愛しいロボットたち」のつづきです。


男「なぁ、最近異常気象が多いと思わないか?」
女「え?そう言われればそんな気もするけど…」
男「これは地球を汚し過ぎたわれわれ人間への罰なんじゃないかと思うんだ」
女「いやねぇ、考えすぎよ。きっと創造主さまが私たちを守ってくださるわ」

**********

スクリーンショット 2014-08-12 12.49.33
そろそろあの惑星は静かに滅びている頃だろうと思い、私は「地球」と呼ばれている星を久しぶりにモニターしてみた。
なんということだろう、ロボットたちは増え続け、進化しているではないか。
続きを読む 続〜私の愛しいロボットたち

私の愛しいロボットたち



貴重な資源を豊富に持つ惑星を探して宇宙に飛び出してから、いったい何年経ったのだろう。
来る日も来る日も…というより昼も夜もよくわからないので、1日の感覚も曖昧なまま。
いくつもの星を調査したけれど、なかなかいい星に巡り会えなかった。
しかし、今回の星には期待が持てそうだ。早速着陸して調査に取り掛かろう。
続きを読む 私の愛しいロボットたち