「著作物」カテゴリーアーカイブ

新しい時代の音楽教室を始めます

新年あけましておめでとうございます。
昨年のコロナはもちろん、政治から情報メディアからもう何がなんだかわけのわからない時代に突入している感じですが、ひとまず2021年まで生き延びることができたことを祝おうと思います。

実は昨年後半、希望がなさすぎる毎日にどんよりしていたのですが、友人の主催する「アートセラピー」を受講して、「ああ、私には希望しかなかったんだ、がっかりするのがいやで希望なんか持っていないフリをしていたんだ」ということに気づきまして。

本当にジャストタイミングでいろんなメッセンジャーが現れてくれます。感謝しかないです。

ところで誰に感謝してるんでしょうね?笑

続きを読む 新しい時代の音楽教室を始めます

二極化の前にひとつでも洗脳を解いておこう

なにやら最近スピ系YouTuberの間で話題沸騰しているのが「二極化」です。
実は数年前から言われ始めていたことなのですが、自分の生き方や信じている価値観などの違いによって、進む未来が大きく分かれていってしまうよ、というような話だったりします。

いわゆるパラレルワールド的なものだと思いますが、そもそもそのような人生の分岐点はいくつもあって、バシャールによれば「一秒間に何回も人は選択し続けている」らしいので、行ったり来たり交差したりしています。

今回の二極化で言われているのは、そんな小さな分岐点の話ではなくて、大きな分岐を超えたら、もう互いの世界が交差することはなくなり、まったく違う世界に行ってしまう、ということらしいんです。

続きを読む 二極化の前にひとつでも洗脳を解いておこう

知れば気持ちに余裕が生まれる

都市高速を走っている時のこと。
反対車線で事故っている車を見かけました。
おそらく何か工事、もしくは剪定作業などのための業者が数台連なって移動していたのだと思われますが、そのうちの一台が、どういう状況でそうなったかわかりませんが、車線をまたいで斜めに停まっていました。

2車線のうちの1.5車線を塞いでしまったため、そこから数キロに渡って後続車が身動きがとれないままに溜まっています。

こちら車線はもちろんスイスイ走っているので、横目でその状況を見ながら進みます。

続きを読む 知れば気持ちに余裕が生まれる

イマドキの自費出版 その2 オンデマンド印刷編のつづき

「その2のつづき」とかなんだかややこしくてすみません〜笑
では残りの情報をざざっとご紹介しちゃいます。

まず、サイトで入力するのが書籍のタイトルです。
え?そこ?と思いますが、仮題でもいいので、まずはひとつの部屋を作るというか、プロジェクトを立ち上げる、みたいな印象でしょうか。

そこからpdfのアップロードなどを入るわけですが、
かなり親切にいろいろ説明サイトがあるんです。
例えば原稿のサイズとか、とじしろのサイズとか、それを設定する方法とか、まぁある程度PCやアプリの知識がないとできませんが、ちゃんと教えてくれます。

続きを読む イマドキの自費出版 その2 オンデマンド印刷編のつづき

イマドキの自費出版 その2 オンデマンド印刷編

一つ前の投稿からのつづきになります。
自費出版したい人にとって、デジタル出版であるkindle direct publishingのサービスが、ノーリスクでお手軽に出版できるということはご理解いただけたと思います。

それでもやっぱり製本された紙原稿を読みたい、そういう形で残したい、配りたい、などのニーズはまだまだあります。
しかしこれまでの自費出版は少なくとも数十万円もの初期費用が必要で、しかも大量に在庫を抱えるリスクがありました。

そこで生まれたのがオンデマンド印刷のサービスです。
とにかく価格を抑えて紙原稿を作りたい人にぴったり!
いろいろな出版社があると思いますが、私が利用したMyISBNというサービスについてご紹介します。

続きを読む イマドキの自費出版 その2 オンデマンド印刷編