新しい時代の音楽教室を始めます


新年あけましておめでとうございます。
昨年のコロナはもちろん、政治から情報メディアからもう何がなんだかわけのわからない時代に突入している感じですが、ひとまず2021年まで生き延びることができたことを祝おうと思います。

実は昨年後半、希望がなさすぎる毎日にどんよりしていたのですが、友人の主催する「アートセラピー」を受講して、「ああ、私には希望しかなかったんだ、がっかりするのがいやで希望なんか持っていないフリをしていたんだ」ということに気づきまして。

本当にジャストタイミングでいろんなメッセンジャーが現れてくれます。感謝しかないです。

ところで誰に感謝してるんでしょうね?笑

誰に感謝しているの?

もちろんその友人にも感謝しているのですが、ちょうどいいタイミングでいろんなことを配置してくれているのは一体誰なんでしょう?
神様でしょうか?それとも守護霊?ハイヤーセルフ?

ここ数年そのようなことをたくさん学ばせていただきました。
魂ってなに?スピリットってなに?宇宙人はいるの?
幸せってなに?愛ってなに?パラレルワールドってなに?

正直に言えばすべて理解しているわけではありません。
証明できるわけでもないし、教えられたことは嘘かもしれません。
それでも自分にとってすごく腑に落ちることがたくさんありました。

結局のところ、私自身のスピリットが自分に必要な情報やアイテムを引き寄せているんです。
ただし、私のエゴ(分離した自分の意識)はスピリットと会話できるわけではありませんので、スピリットが何を必要としているのかはわかりません。

私が「宝くじが当たりますように」と願ってもスピリットがそれを不要とするなら引き寄せてはくれないということです。笑

自分の意思とは関係なくやらされる

前置きが長くなってしまいました。新しい時代の音楽教室のお話。
私はだいぶ長いことこの仕事に関わってきました。
この人生では音楽しかやってこなかったと言っても過言ではありません。

私のエゴは音楽活動をすることが好きでしたが、ボーカルの先生になりたいと思っていたわけではありませんでした。

歌を教えることでいったい何の役に立つんだろう?といろんなジレンマを抱え、何度かこの仕事を辞めました。

が、私のスピリットはこの仕事を辞めさせてくれませんでした。
なぜか依頼がくるんです。

それは別に私が指導者としてめちゃくちゃ優れているというわけではありません。
それなりに勉強も研究もしましたが、私の指導した生徒さんがレコード大賞を獲るなんてこともありませんし、私自身カラオケで100点をとったこともありません。笑

でもこれがスピリットが今生でやろうとしていることだということをしぶしぶ認めざるを得ません。

今年の目標

これまでに私が学んだことを、これからの新しい時代にどう活かせばいいんだろう、とずっと考えてきました。

現在は大樹の下で、上から下りてくるカリキュラムや指導スタイルでレッスンしているわけですが、そのやり方について100%納得しているわけではありません。
かといって独立してまで同じ仕事をやりたいとも思わない…

よく考えてみれば、私がやりたい音楽指導スタイルが今の世の中にないんだ、音楽に限らず教育のスタイルを変えたいと思っていたんだ、と今更ながら気づきました。

というわけで新しい時代にマッチした音楽教室を開きたいと思いつきました。

具体的に何をどうするのか、まだ全然考えてもいないのですが、年頭にあたり、今年の目標っぽいものをせっかく思いついたので公表しておきます。

方向性はたぶんこっち

昨年春に、緊急事態宣言が出てステイホームしていた時間にボーカルレッスンについての本を書きました。

もうこの時点で私がやりたい方向はなんとなく見えていたんですが、今までの音楽教室の概念とはだいぶ違う方向だったので、実践できる気がしていなかったんですね。

でももうここまで来たらやってみるだけですね。
興味を持ってくださる方がいればぜひ読んでみてくださいね。
↓こちらに前書き全文を公開しています。

↓ kindle unlimited対象です。
書店でも注文できます。
ISBN-13 : 978-4815019822


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。