「九州の観光地」タグアーカイブ

スピリチュアルクエストツァー 武雄の巨木に癒される編

ちょっと大げさなタイトルつけちゃいましたが(笑)
なんかこんな風にテーマを決めて半日ドライブするのもいいかなと。

スピ系の宇宙や人間についての軽い(!?)おしゃべりができる友達ができまして、
ブランチしながらのおしゃべりもいいけど、たまには近所のパワースポット巡りなんかどうだろうね?と提案してようやく実現しました。
寺社仏閣的なところをまわるのもいいけど、どうやらお隣の佐賀県には巨木が結構あるらしいという噂を聞いたので、今回は武雄市へ。
続きを読む スピリチュアルクエストツァー 武雄の巨木に癒される編

引き寄せの法則を長崎で使ってみました☆つづき

さて、おいしいカレーを食べた後は長崎市内のランタンフェスティバルに向かいました。
クリキンディの住んでいる福岡から長崎までは、高速を使えば2時間程度で行けるので、日帰りもできないことはないのですが、なんとなーく今回は宿泊することに。
この選択が、またいろんなミラクルを引き寄せてくれることになりました。
続きを読む 引き寄せの法則を長崎で使ってみました☆つづき

2017の世界遺産候補「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

福岡県のやや北より、宗像(むなかた)地区に、2017年の世界遺産候補となっているところがあります。
沖合約60キロの場所にある「沖ノ島」をメインに、宗像三女神を祀った神社と、それに関する古墳群。

沖ノ島は、現在でも女人禁制を守っており、そこで発見された宝物の数の多さ(約10万点!)から「海の正倉院」と呼ばれているほど。
九州国立博物館で3/5まで「宗像・沖ノ島と大和朝廷」と題した特別展が開かれているというので、太宰府天満宮に参拝かたがた行ってきました。

ちなみに太宰府の「飛梅」と名付けられた、菅原道眞ゆかりの梅の木は、すでに数輪、開花していましたよー。12月に開花するのは20年ぶりだとか。 続きを読む 2017の世界遺産候補「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

江戸時代の人々が見た1000年前の遺跡

福岡では今コスモスが見頃を迎えています。
2015-10-23 11.55.41

コスモスの名所はたくさんありますが、今回訪れたのは、
太宰府市にある「水城跡」(みずきあと)という遺跡の側に植えられたコスモス畑。
本当にキレイ!
すぐ側を国道や高速道路が走っているとは思えないようなのどかさと、花や木から発せられるいいにおいにすっかり癒されてきました。
続きを読む 江戸時代の人々が見た1000年前の遺跡