手作りキャンドルヒーター

このブログはだいたいがスピ系つぶやきなんですが、
意外なことに、手作りシリーズにもそこそこアクセスがあるんです。
一番人気のある記事がこちらです。

これは、311で長期間停電していた時に作りかたを知ったもので、こんなに簡単に明かりがとれると知って、今でもたまに使っています。

あの時は雪が降るほど寒かったのですが、実家にはまだ石油ストーブが現役で、本当に助かりました。

もし今何か災害が起きて停電したら、暖房が困るなぁと思っていたら、キャンドルヒーター(ろうそくストーブ)なるものを見つけまして、もう試したくてしょうがない!

続きを読む 手作りキャンドルヒーター

知らないうちにかけられたたくさんの暗示に振り回されずに生きていけばきっといろいろ楽になる

これまでにも何度かご紹介していますが、これは本のタイトルです。
私たち人間は、常にいろんな暗示の中にあるということを知らずに生きています。
もちろんそれが全部悪いわけではありません。

ですが、毎日テレビでも新聞でもネットでも、
いろんな情報に触れる度にじわじわと暗示を受けて生きるのが苦しくなっていることも確かです。

コロナウイルス、いったい本当はどうなんだろう?
政府は本当はなにをしたいんだろう?
オリンピックはどうなるんだろう?
仕事が減った私はどうすればいいんだろう…

おそらく答えを外側に求めてもわからないのだと思います。
意図して「人をコントロールしようとする」情報を流されているのだとしたら、どうやってそれに対抗すればいいんでしょう?

続きを読む 知らないうちにかけられたたくさんの暗示に振り回されずに生きていけばきっといろいろ楽になる

マスク転売ヤーに石を投げてもいい人は…

twitterかなにか忘れましたが、段ボールに入ったマスクを山積みした写真をアップして「オワタ」と書き込んでいる転売ヤーの記事を見かけました。
もちろんそのスレッドは罵詈雑言の嵐になっていました。

「お前が悪い」と言われるとわかっていて、なぜこの人はマスクの写真をアップしたんだろう?とぼんやり考えていたのですが、
もしかしたら、この人はまさか自分に怒りの矛先が向くとは思ってもみなかったんじゃないかなと想像してみました。

「せっかく転売して稼ごうと思ったのに残念だね」
というような同情コメントを期待したんじゃないでしょうか。
そうでなければSNSに書き込んだりしませんよね。

私はこの人に石を投げる資格があるだろうか…としばし考え込んでしまいました。

続きを読む マスク転売ヤーに石を投げてもいい人は…

私の魂が選んだ道

今日の記事は自分にとっての覚書です。
自分が感じた感覚が正しかったのか、ただの勘違いだったのか、今は確認のしようがないのですが、
いつか振り返る時のために記録しておきます。

2020年3月、日本は新型コロナウイルス(もう新型と呼ぶのはやめればいいのに…笑)対策のために、学校を休みにしています。
多くの人が集まるイベントは中止〜延期されました。
個室で少人数が近距離で顔を付き合わせる音楽レッスンも、暫定2週間の休講となり、私はすっかり暇を持て余しています。

政府のとったこれらの策が、効果があったのか意味がなかったのか、それは先にならないとわからないと思うので、今はここについて意見を述べません。

続きを読む 私の魂が選んだ道

美術館を手玉にとった男が地球を進化に導くのかもしれない

「美術館を手玉にとった男」という映画をご存知でしょうか。
ある男性が、有名絵画の贋作を多数描き、
その作品を美術館に持ち込んで
「オークションで落札した絵画があります。持ち主の姉が亡くなったので寄贈します」
と持ちかけて、いくつもの美術館が騙された、というドキュメンタリーです。

これで報酬を得ていれば「詐欺」ということになりますが、
無償で寄贈しているため、罪に問われていません。
ただ「見抜けなかった」美術館側のプライドをいたく傷つけることになりました。
騙された側としては、訴えたくてもできず、なんともモヤモヤしたようです。

ドキュメンタリー映画ですので、絵を描いたご本人が登場します。
これがまたとても不思議なキャラクターで、
今までの常識を大きく覆す可能性のある人物だと私は感じました。

続きを読む 美術館を手玉にとった男が地球を進化に導くのかもしれない

心のコンパスに従って生きていたら、いろんなことが見えてきました。