聖なる予言とでんじろう先生の実験


「世界一受けたい授業」によく登場するでんじろう先生、
4月16日の放送で、
こんな実験をしていました。

http://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/110416/06.html

扇風機を2台、少し離して向かい合わせにします。
その間に、輪になったリボンを放つと、
とってもキレイに浮かんで回転します!
すげ〜!やってみたい〜!だけど同じ性能の扇風機が2台ないとダメじゃん…

さて、次の日、
「聖なる予言」(著:ジェームズ・レッドフィールド)のDVDをどうしても見たい気分になり、
原作を読んだことのない母を巻き込んで鑑賞。

作品を知らない方のために軽く説明しますと、
スピリチュアル初心者のために書かれたと言ってもいいような本で、
シンクロニシティ、ビジョン、前世との関わり、オーラなどが
わかりやすく散りばめられた冒険小説です。

ストーリーの中に、
オーラを見ながら、人間のエネルギーがどのように流れるのかを、
説明する場面があるのですが、
「相手のエネルギーを奪うのではなく、与えることで増幅させる…」
というところで、
「あ!これでんじろう先生の実験と同じじゃん!」と腑に落ちました。

向かい合った風(エネルギー)が、その間にあるものを浮かせるパワーを持つわけですよ!
ああ、そういうことか〜!

地震以後、政府や東電に対して、攻撃の嵐が吹き荒れています。
それは、
相手の失敗を拾って攻撃することでエネルギーを奪い、
自分の正しさを主張することで、相手を支配下に置こうとする流れです。

また、政府や東電は、自分の失敗を認めず、
正当性を認めさせようと躍起になっています。

互いにエネルギーを奪い合うばかりで、
みんな疲弊し切っています。

これ、エネルギーを与え合う構図にしたらどうなるんでしょうね?

具体的にはいろいろな方法があると思いますが、
お互いにエネルギーを与え合い、思いやりを持って会話すれば、
あっさり解決することもたくさんあるような気がします。

問題は、「同時に」扇風機のスイッチを入れないといけない、
ということなんですね〜〜
「そっちが送風にしてくれたらこっちも風を送るよ」
「そんなこと言って、送風するつもりないでしょ」
みたいに探り合いになっちゃいそうですね。

これは、大きな扇風機の前に、
自分が小さい扇風機を回していくしかなさそうです。
逆回転に気をつけないと……

←先に押してくれたらエネルギーを送ってあげるから…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。