赤ちゃんとの縁


GWは段ボールとランデブーだったクリキンディです。
ようやくブログを書く余裕が出てきました。
いろいろネタにしたい!と思うことはあったのに、
メモっておかないものだから、すっかり忘れちゃってます。

さて、今日は、クリキンディの友人が、
この春パパになった話を書いてみようと思います。

「無事に生まれました!まもなく1ヶ月です」
という報告を受けて、
「わぁ!写真見せてよ!」
と言ったのですが、なかなか写真が出てきません。

普通、というか、クリキンディの経験上、
こういう時は、みんな顔がでれ〜っとなっちゃって、
うざいくらいに写真を何十枚も見せてくれる、
というパターンが多かったんですが、
どうも、今回の新米パパさんは、
「いやぁ、かわいくてかわいくて…」
という雰囲気ではないんです。

いろいろ話を聞いているうちに、
どうやらその理由がわかってきました。

この新米パパさん、仕事を休んで出産に立ち会っています。
そこで、いつもは、かわいくて優しい奥さんが、
見たこともないような苦しそうな顔をして、
聞いたこともないようなうめき声をあげているのを目の前で見たわけです。

ようやく赤ちゃんが生まれた瞬間、
新米パパさんは、泣きました。

赤ちゃんが生まれたことの感動の涙ではなく、
「奥さんが生きていてよかった…」
という安堵の涙だったのだそうです。

生まれた直後、
赤ちゃんよりも、奥さんの方が心配で、
看護士さんに、赤ちゃんのところに誘導されても、
あまり興味を持てなかったそうです。

聞いてみれば、なるほど、その気持ちもわからなくもないですよね。

クリキンディの話をすると…
切迫早産で3週間ほど入院していたクリキンディを、
ダンナはあまり見舞いに来ませんでした。
仕事が忙しいからだと思っていたのですが、
いざ子供が生まれてみたら、
毎日病院へやってきて、
赤ちゃんのベッドに付きっきりです。

こっちにも話しかけてくれよ〜〜
とさみしい気持ちでいっぱいだったことを思い出しました。
ちなみに、彼は、私の出産にも、最初から最後まで立ち会っています。

スピ系ブログのつもりなので、
無理矢理そっちに話をまとめてみますが、
夫婦にしても、親子にしても、
なにかしらの「縁」があるわけですよね。

はじめて出会う赤ちゃんに対して、
どんな気持ちを持つのか、
死にそうな様子で出産をした妻に対して、
どのような気持ちを持つのか、
それは、前世からの因縁によるのかもしれないなぁ、
なんてことを思ったのでした。

どちらにしろ、
「家族」という深い縁を持っている関係ですから、
いろんな深い意味と今後の経験があるのでしょうけれど。

新米パパさんの今後の様子を、たまにチェックしてみようっと!v( ̄∇ ̄)ニヤッ

人気ブログランキングへ←クリキンディに縁を感じたらポチッとお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。