「本とか映画とか舞台とかの感想」カテゴリーアーカイブ

[映画]ウィッチマウンテン〜地図から消された山

「ウィッチマウンテン〜地図から消された山」という映画を見てきました。
この映画、宣伝が今イチな気がするんですが…。
ハリー・ポッターやポケモンの公開と重なったせいか、ほとんど客が入っていません。
クリキンディはこのDMで映画を知りました。↓
<エリア51を訪れる旅>

あらすじを大まかに言うと…、
ある日、アメリカ西部に未確認飛行物体が墜落。
警察も報道もシャットアウトして、政府がUFOを極秘裏に回収。(ロズウェル事件のメタファーですね)
そこから逃走した乗組員を捕獲すべく追いかけます。

その乗組員の二人(姉と弟)を、偶然(必然かな?)客として自分の車に乗せたのが、
天才的なドライヴィングテクニックを持ちながら、
地味にタクシードライバーをしているジャック・ブルーノ(ドウェイン・ジョンソン)。

二人を捕獲しようとする政府のチームをかわしながら、
彼らが地球へきた目的を果たし、自分の星へ帰れるよう、手助けをする、
というストーリーです。

同時期、ラスベガスでは、UFOオタクの集会が行われていて、
その会場に宇宙人の姉弟が紛れ込んだり、
彼らの星から、刺客がやってきたり、
UFOを隠してあるといわれる場所、
ウィッチマウンテン(エリア51のメタファーだと思われ)
の地図を持っているSF作家がいたりして、
クスっと笑えるシーンあり、
すごいCGに目を見張るシーンあり、
ドキドキわくわくの、
楽しいSFアドベンチャーです。

いやぁ〜、面白かったっす!!
これ、夏休みに子供たちと一緒に見る映画としておススメですよ〜!
まったくもって「スピ系」じゃないっす〜!

これ、ディズニーの作品です。
そういえば、ディズニーには、この手のSFヒット作品はなかったのかも…。
もしかすると、近いうちに、ディズニーランドには、
「ウィッチマウンテン」というアトラクションが登場するのかもしれませんね〜。

一応、スピ系ブログなので、これで終わるのもどうかと…。

宇宙人の弟は、物体を通り抜けることができたり、
銃弾をはじき返すことができたりします。
これだけなら、「映画だからね」で終わっちゃいますが、この映画では親切に説明してくれています。
「弟は身体の分子構造を瞬時に変化させることができるの」
身体を「身体の形」に保っているものが何なのか、ということをちょっぴり考えることができます。

また、姉は物体を浮遊させたり、遠隔操作でアクセルやブレーキを操作することもできるのですが、
これも「地球人のあなたたちだって、その脳をフルに使えば誰だってできること」と語ります。

さりげないセリフですが、なかなかいいこと言ってますよね。
ハリー・ポッターは、まだしばらく上映しているでしょうから、
上映がすぐに終わっちゃいそうな、こちらの映画を先に見ることをおススメします。

人気ブログランキングへ←遠隔操作で押してみる?

[TV]オルトロスの犬

最近じゃ、ドラマは、こんな中途半端な時期に始まったりするんですね。
昔はトレンディドラマのファッションを追いかけたこともあるクリキンディです。

金曜夜にはじまったオルトロスの犬
「悪魔の手を持つ天使に戦慄するか、神の手を持つ悪魔に救われるか」
というキャッチコピーにまんまとハマり、
しっかりと録画して見ました。

いやぁ、なかなか面白いじゃないですか!
タッキーかわいいし!!

初回なので、あちこちに謎をかけて、布石をばらまきまくっているし、
ストーリーを把握するのに、ちょっと時間がかかりましたが、
どうやら、「神の手を持つ男」と「悪魔の手を持つ男」が絡み合いながら、その誕生の謎を解いていくストーリーのようです。

ふたりのプロフィールを簡単に言うと…、
過去に殺人事件を起こして服役中の死刑囚、竜崎(タッキー)は、触れるだけで、どんな怪我も病気も治してしまう「神の手」を持っている。
対して、善良な高校教師、碧井(錦戸亮)は、触れるだけで、なんの証拠も残さず相手を殺すことのできる「悪魔の手」を持っている。

まるで合わせ鏡のようなふたりが、はじめて出会ったのは、
竜崎が服役している刑務所。
そこで、竜崎が碧井に語るこんなセリフが、ぐっときました。

「お前はずっと怯えて生きて来た。
“触れるだけで人が殺せる力”がある。
そのことに気付いてから、怒りや恐怖、憎しみや恨み、そんな気持ちを檻の中に押し込めて、息を潜めて生きてきた。そうだろう?
人とは違う、恐ろしい力があると、まわりに知られたらどうなるのか。
世間はお前を怖れ、嫌い、排除しようとする。人はお前みたいな化け物が、この世に存在することを許さない」

「おれもお前と同じだ。人とは違う力を持つとどうなるか、化け物をどんな目で見るか、俺はそれを味わってきた。
こんな力、欲しくて手に入ったわけじゃない。神様が気まぐれにおれたちに与えたんだ。
一体どう使えっていうんだ。こんな力を与えてくれるなら、使い方も教えてくれないと…。」

さすがに、触れるだけで、人を殺したり、治したりする力を持っている人は、そうそういないと思いますが、
これを他の能力に当てはめて考えてみると…。

たとえば、江原さんは、オーラを見たり、相手の守護霊と会話する能力を持っています。
宇宙人のような存在から、メッセージを受け取る能力のある、ダリル・アンカさんやアマーリエさん。

スピリチュアルなことに限りませんね。
驚異的な記憶力を持つ頭脳の持ち主や、
超絶テクニックを持つミュージシャンなど、
他の人とはちょっと違う、特殊能力を持って生まれた人はたくさんいます。
(ここでは努力して手に入れた能力とはわけて考えますね)

そんな能力の持ち主は、みな同じように思ったことがあるんじゃないでしょうか。
「欲しくて手に入った能力じゃない。使い方を教えて欲しい!」と。

クリキンディのような一般市民から見れば、
なんと贅沢な!いくらだってその能力生かす道があるでしょ!
と思っちゃいがちですが、
本人にしかわからない深いジレンマというのがあるんだなぁ、ということに
あらためて気付かされたセリフでした。

これからの展開、楽しみ〜!

人気ブログランキングへ←ちなみに「オルトロス」とはギリシャ神話に出て来る双頭の犬だそうです。

[本]「世界の神々がよくわかる本」あら、こっちが本物なのね

ドラクエ9というものが発売になって、みんな一生懸命やってるらしいですね。
何を隠そう、以前はクリキンディもゲーマーでした。
といっても、RPG限定ですが。
ドラクエ、ファイナルファンタジーシリーズは、かなりやり込みました。

ある日を境に、今ではゲームからすっかり遠ざかってしまいましたが、
あの頃は、夜も寝ないで毎日やってましたね〜。

RPGファンの皆さんなら、
オーディン、シバ、プロメテウス、ラグナロク、マルドゥク、フェニックス、ケツァルコアトル
などの言葉を聞いたことがあると思います。
これらは、実は、世界各地の神話に登場する名称なんですね〜。
調べればもっとたくさん出て来ると思います。

ゲームに夢中になっていた頃は気付かなかったのですが、
実は、元ネタとなる神話があり、
ストーリーについても、結構深いメッセージが込められていたりして、
子供たちがこれにハマるのには、ちゃんと意味があったのかも?と思うのです。

例えば、「世界樹の葉」は復活のツールですが、
スピリチュアルな世界では、「世界樹」の存在が、当たり前に語られていますし、
「マザー」というゲームでは、回復呪文が「ヒーリング」でした。
想像上の生き物とされるドラゴンや、ユニコーン、天使や妖精なども、
スピリチュアル世界の住人には現実のものです。

ゲームをしながら、こういう存在や単語に対する予備知識を持ち、
来るべき未来に対応できるよう、こっそり学ばされていたんじゃないかなぁ、
なんて思います。

もちろんゲームだけではなく、
ハリー・ポッターや、ロード・オブ・ザ・リングなどの映画、
マンガや小説などもその一端を担っているように思います。

今日は、衝動買いしてしまった本をご紹介します。
「世界の神々がよくわかる本」(PHP文庫)

なるほど、このような神話がもとになって、
ゲームやファンタジーのストーリーに取り入れられていったんだなぁ、ということがよくわかります。

この本では、
ギリシャ神話、
北欧神話、
ケルト神話、
インド神話、
メソポタミア神話、
エジプト神話、
クトゥルー神話、
に登場する神々を紹介してあります。

神様のキャラクター紹介がメインですので、そのストーリーについては、あらすじのみの紹介になっています。
個性的な神様がたくさんで、これはオリジナルの神話を読んでみようかな、という気分になってきますよ〜。

うちの子ゲームばっかりやっててちっとも勉強しないのよ!
と嘆いている方へ。
お子さんはスターチャイルドかもしれませんよ〜!

人気ブログランキングへ←ドラクエを先にやる?神話を先に読む?

[映画]ノウイング

こんにちは、「アミ小さな宇宙人」という本が大好き過ぎて、mixiのコミュニティにも入っているクリキンディです。
そこに「ノウイング」という映画は、大人向けのメッセージであり、「アミ」と通じるところがある、
というトピックスが立っていました。
そりゃ見ないといかん!!
ということで、ハリー・ポッターを我慢して、隣のシアターで見てきました。
(だって、同時刻に開始なんですもん…)

というわけで、今日はネタバレ記事ですので、
これから「ノウイング」を見ようと思っている方は、この先読まないで下さいね。
ご覧になった方のコメントは、もちろん大歓迎です。

(この先ネタバレ注意!)






さて、簡単にストーリーを振り返ってみましょう。
今から約50年前、あるアメリカの小学校で、開講記念のイベントとして、タイムカプセルを埋めよう!
という企画がありました。
それを開くのは50年後の、この小学校の子供たちです。
ここで、クリキンディは
「普通は自分で入れたものは、自分で開きたいだろっ!」
と心で突っ込みを入れていました。

タイムカプセルに入れるのは、子供たちが描いた絵です。
「50年後の未来はどうなっているかな?想像して絵を描きましょう」
と先生が言っているのに、
なぜか紙一面に数字を細かく羅列していく少女がいました。

そして…
50年後、開かれたカプセルから、その数字の手紙を受け取った少年が主人公です。
(ん…そのパパかな、主人公は。)
その数字が、ここ50年で、世界に起こった災害の日付、死者数、および緯度、経度であるということに気付いたパパは、
未来の日付の災害を阻止しようとがんばります。
パパが孤軍奮闘している間、
その手紙を受け取った息子は、ちょっとあやしい人たちに誘拐されそうになります。

その手紙の最後に書いてある数字が、
地球の終わりであり、全人類が滅びること、と読み解いたパパ、
自身の天文学の知識と合わせることで、
太陽の巨大プロミネンスが、地球を焼き尽くすのが原因だと予測、
なんとかできないものかと、手を尽くすのですが…。

(この先映画の結末あり!ネタバレ超注意!)






結果、
言っちゃいますよ!
地球は一瞬で燃え尽きます。

あ〜あ、言っちゃった。

しかし、そこで、「アダムとイブ計画」とも「ノアの箱船計画」ともとれるような計らいがあったのです。
息子を誘拐しようとしていたのは、
実は異星人であり、
彼だけに聞こえるような音とイメージで、
「地球に起きる災害」を伝え続け、
新しい地球で一からやりなおすために、一時地球から避難するように伝えていたのでした。

つまり、50年前にあの手紙を書いた少女も、
同じ存在からのメッセージを受け取っていたことになります。

地球最後の日の前日、
美しい宇宙船が、いくつも地球から旅立って行きます。
でも、その宇宙船に乗ることができるのは、
異星人のメッセージを「聞くことのできる耳を持った人」のみ。

せっかく、この数字の意図を読み取ったパパでしたが、
「声が聞こえない」ために、宇宙船には乗れません。
宇宙船に乗り込む息子とは、永遠のサヨナラです。

宇宙船に乗り込むことのできた、ほんのひと握りの地球人たちが、
美しい星に降り立ち、
新しい未来はちゃんと存在する、
というようなイメージで映画は幕を閉じます。

ざっと振り返ってみました。
もちろん映画ですから、他の登場人物たちと、もう少し複雑な展開があります。

クリキンディ、正直に言いますが、
宇宙船が、いくつも地球を飛び立つシーンで、
むちゃむちゃ腹を立てていました。
「これって選民思想じゃないか!」と。

地球が炎に包まれるシーンでは、
心で「違う違う!」と叫びながら号泣していました。

数字の事実を証明するシーンでは、
災害の映像のオンパレードですので、
とにかく見ていて辛くなります。
もう、途中で映画館を出ようかと思ったほどです。

それでも、
やはり、この時期、こういう映画は必要なのかもしれません。
地球人の視野の狭さを反省するとともに、
この宇宙には、多くの生命体が存在するのだということ、
未来を予測することは不可能ではないこと、など……。

ちょっと前に書いた、<パラレルワールド>の考え方でいくと、
こんな風に「地球が滅びる」と考える人は、そんな未来を体験することになりますし、
「地球が戦争をやめ、平和的に宇宙連合の仲間入りをする」と考えている人は、そのような未来を体験することになります。

クリキンディは後者を選びたいです。
これから、2011‾2013年あたり、
1999年の時のように、様々な説や終末思想が飛び出すのだと思いますが、
たくさんの人が、楽しい地球の未来を選択できるよう、
明るい未来の映画が作られればいいのになぁ、と思います。

人気ブログランキングへ←あれ?もしかして映画見てないのに最後まで読んじゃった?

[本]ゲリー・ボーネルの自伝

こんばんは、外気温が高くなるにつれ、
オフィスのエアコンの設定温度が下がるため、
温度差に耐えられない冷え性のクリキンディです。

お休みの日は、自宅の窓を開け放して、
読書をしているうちに、昼寝しちゃって、あら夕方になっちゃった…
という贅沢な時間の使い方がお気に入りです。

今日はゲリー・ボーネルの作品をふたつご紹介します。

 

「新次元の叡智」(2008年8月発刊)
「アカシャ光の叡智 2012年と光の12日間のオリジナルソース」(2009年5月発刊)

アカシック、アトランティス、アセンションなどについての著書をたくさん出している
ゲリー・ボーネルの自伝的小説です。

9歳のゲリー少年が父親の虐待をきっかけに、幽体離脱するようになり、
指導霊的存在に出会い、様々なビジョンを見て、成長していくストーリーですが、
その描写の詳細なことに驚かされます。
ただの小説として読んでも、とても優れた作品だと思います。

タイトルからは、ふたつは違う作品のような感じがしますが、
続編となっているので、「新次元の叡智」から読むことをお勧めします。

クリキンディは、宗教にハマっていた母親の影響もあり、
スピリチュアルな世界への興味は、子供の頃からなんとなくあったのですが、
本格的に、いろんな本を読みあさりはじめたのは、
大人になって、ある理由で鬱状態に陥ってからでした。

毎日死ぬことばかり考えていて、
誰にも会いたくない、話したくない、電話が鳴るのも怖い、
そんな状態から抜け出すきっかけは、いくつかあったのですが、
そのどん底を経験したからこそ、気付けたことがたくさんあったんだなぁとも思えます。

そして、私のまわりでスピリチュアルなことに目覚める人は、
何かしら、どん底体験を持っている、という共通点が見えてきます。
ゲリー・ボーネル氏も継父からの虐待がきっかけとなりましたし、
私の母が宗教にハマったのも、大変辛い時期があったからでした。

ということは…
そこまで辛い経験をしないと、人は人生のしくみに気付けないということなんでしょうか…?
そんな辛い思いをしないで、もうちょっと楽に、明るく楽しく、
「目覚める」ことはできないのかなぁ…。
それが「地球のやり方」なんだと言われてしまえばそれまでですが…。

ゲリーの著書によれば、
14万4千の存在たちの祈りによって、
2011年に「光の12日間」と呼ぶべき大イベントが起きるそうです。
それは、終わりでも始まりでもなく、
その後に訪れる時代の「予告編」のようなものだ、と記されています。

別な著書には、
「どん底」や「目覚め」の認識のない人も、状況によって、
この光の12日間を「楽しく」過ごせるのかも?
なんて書いてあるので、
クリキンディが心配することじゃないですね!

とりあえず、その日を楽しみに待ちたいと思います。

人気ブログランキングへ