「本とか映画とか舞台とかの感想」カテゴリーアーカイブ

浦島太郎が助けたのは亀じゃなくUFOだった

竹内文書と呼ばれる歴史書をご存知でしょうか。
古代日本の歴史書は「記紀」(日本書紀と古事記)が有名ですが、
この竹内文書もまた面白いんですねー。

この歴史書を口伝で守っている竹内一族の第73代竹内宿禰(たけのうちのすくね)を継いだ竹内睦泰氏が、
月刊ムーのイベントに出演されている動画を見て、こりゃ面白そう!と読んでみたのが、上記の2冊です。 続きを読む 浦島太郎が助けたのは亀じゃなくUFOだった

[DVD]トゥモローランドに隠されたメッセージ



ディズニーはほんとうまいこと人の心をつかむよねー。
もともと映像でしかなかったミッキーマウスや白雪姫などをネタにして(ネタ言うな…!自分)テーマパークを作っちゃうだけでなく、
逆にパークをネタにして映画を作っちゃうんだからなぁ。 続きを読む [DVD]トゥモローランドに隠されたメッセージ

[映画]日本のいちばん長い日

COLLw_MUAAAYqSQ
久しぶりに映画館に行って観ました。
ご存知ない方のために簡単に説明すると、
第二次世界大戦の最後の夏、8・15の玉音放送に至るまでの、そこに関わった人たちの事情と苦悩を描いた作品です。
原則的には史実に基づいて作られたストーリーのようです。
まぁ映画なのでいろいろと演出は加えられていると思いますが。 続きを読む [映画]日本のいちばん長い日

[本]キリストにはふたりの子供がいた

上の子供が女の子、下の子は男の子。
妻の名はマリア。あのマグダラのマリアです。

あまり詳しく書くとネタバレになってしまうので、これから本を読む方のために控えておきますが、
その娘の名前は、わかっています。

まるでその時代に生きていたかのような情報が満載の本、
「空なる叡智へ」(サアラ著)を読んでいます。

続きを読む [本]キリストにはふたりの子供がいた