「本とか映画とか舞台とかの感想」カテゴリーアーカイブ

青春のボヘミアン・ラプソディ

あー
ほんとにまじでストレス溜まる映画だったわぁ〜

私の青春時代、
寝ても覚めても、明けても暮れてもバンドばかりの日々だった。

誰に借りたかも覚えてないけど、
カセットテープを聴いて衝撃を受けたことは覚えてる。
カセットケースのラベルには
「オペラ座の夜」
と手書きで書いてあった。
続きを読む 青春のボヘミアン・ラプソディ

NASAが協力を拒んだ映画 [追記あり]

ビデオレンタル店に行って、何を見ようかなと探していたら、
私が見たい映画がほぼSFコーナーにあるということに今頃気づいたクリキンディです。

さて、NASAと言えば宇宙開発の最先端というイメージがありますが、
ここにまつわる噂もいろいろありますね〜

先日、ブログ「In Deep」さんにこんな記事が上がっていました。

人類で2番目に月面歩行をおこなった元アポロ11号乗組員のバズ・オルドリン氏はこう言った : 「私たちは月に行っていない」

その記事の中で、映画「カプリコン・1」が紹介されていましたので、早速見てみました。
続きを読む NASAが協力を拒んだ映画 [追記あり]

期間限定のお知らせ

このブログでは何度もご紹介している
ETソウルのサアラさん

7/26に新刊「覚醒への道: 1億3000万年前、第8世界から地球に来た私」

が発刊されました。

まだ手元に届いていないので、読むのが楽しみです!
今回は、出版社の徳間書店が、発売日からたった4日間の期間限定で、
サアラさんご本人のメッセージ音声が聞ける特典を出してくれましたのでご紹介。
続きを読む 期間限定のお知らせ

こんな風に考えたら人生は楽しくなる

やっと読み終わりました。
「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(夢枕獏)

いやぁ、面白かった!
今公開中の映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」の原作ですが、
映画中にはほとんど描かれていなかった、空海の天才っぷりを堪能できます。

また、いまだに謎になっている、
「千人もいる修行僧を飛び越えて、なぜ海外からの留学生に、密教のすべてを数ヶ月で与えたのか」
の解釈についても、楊貴妃の伝説を絡めながら迫っていくので、最後はスッキリ感があります。

さて、今日のテーマは空海ではありません。
とはいえ、この本の内容ももちろん関係してくるんですが。
続きを読む こんな風に考えたら人生は楽しくなる