「生き方・気付き」カテゴリーアーカイブ

不運を引き寄せるひと

アーリマンシリーズの途中ではありますが、
ちょっと別なお話を。

クリキンディの友人に、とても優秀な「いい人」がいます。
非常によく気がつくし、
まわりに気を使うことにかけては右に出る人はいないと思われます。
そして、その賢さを鼻にかけることもなく、みんなに好かれています。

ですが…
結構、この人小さな不運を拾ってくるんですよ。

大事な仕事の前に風邪をひくとか、
出張の前に、車が故障するとか、
必要なものが壊れるとか、
大切なペットが病気になるとか、
自分自身が怪我をするとか…

私が記憶している限り、彼女に起きた一番大きな不幸は、
「自宅に雷が落ちた」ことでしょうか。

聖書を読んだことのある方はおわかりだと思いますが、
雷は、天からのわかりやすいメッセージとして使われます。
雷が落ちた時、彼女は自宅で電話をしてたらしいのですが、(まだ携帯のない時代)
その電話線が引いてある壁に落ちたのだそうです。
普通、高い場所に落ちるはずの雷が、壁に向かってくるなんて、
そりゃメッセージとしか思えません。

その話を聞いた時に、
なんで、こんなにいい人なのに、神の怒りに触れたりするんだろう?
と、まったく理解できませんでした。

しかし、
ようやくわかってきました。

彼女は、自ら小さな不幸を招いていたんです。

つまり、
たとえば仕事上で、気の進まない状況があったとします。
ああ、いやだなぁ、この仕事したくないなぁ、って。
だけど、「いい人」である彼女は、それを「投げ出す人」にはなりたくないんです。

そこで、自分は一生懸命その仕事をやろうとしているのに、
どうしてもできない状況、
例えば熱が出て行けないとか、
車が壊れて行けなくなったとか、
そんな状況を作り出すんです。

そうすれば、まわりは「そんな状況ならしょうがないね」
と認めざるを得ないし、
「済みません、このためにこんなに準備はしていたんですが…」
と言われれば、「まじめでいい人なのにかわいそうに」
と思ってもらえるんです。

彼女に感じていた違和感は、ここにあったんだなぁ…
似たような状況が、ここ一年で少なくとも4回、私の記憶にあります。
ということは、私が知らないところで、もっとたくさんの不幸を引き寄せていると思われます。

それでも、彼女自身は、自ら不幸を招いていることに気付いていません。
なぜなら、一切の嘘をついていないからです。
本当に病気や怪我で苦しい思いをしているし、
事故や故障で、高い代償を払っているのですから。

いつか、気付く日がくると信じるしかないですね…

人気ブログランキングへ←あなたのまわりにもこんな人いませんか?

覚えていてよ

クリキンディの友人が、
「ゆうべ母親とケンカして血圧上がっちゃったわよ!」
と愚痴をこぼしていました。

話を聞いてみると…

母「○○がないから買ってきて」
娘「わかった〜」

次の日、
母「なんで、○○がこんなにたくさんあるわけ?」
娘「お母さんが買って来いって言ったじゃない!」
母「え?そんなこと頼んでないし」

さらに次の日、
娘「○○ちょうだい」
母「そんなものないわよ」
娘「え〜?私が買ってきたじゃない!しかも、こんなにたくさん溜め込んでるって、昨日怒ってたじゃない!」
母「そんなこと言ってない!なんであんたはすぐあたしのせいにするのよ!」

ご想像の通り、
このお母さんは、すでに若くはなく、記憶も曖昧です。
娘がなぜ怒っているのかさっぱりわかっていません。

娘が「覚えている事実」と
お母さんが「覚えている事実」が
まるっきり違うんですから、
怒ったって無駄です。

もしかしたら、犯罪捜査なんかでも、
こんな人の「記憶違い」でえん罪になっちゃう人とかいるのかもしれませんね。

その場に、客観的に事実を見ることのできる第3者がいたら、
また状況は違うんでしょうが。

それにしても、なぜ人は「忘れる」んでしょうね。
年をとって、ぼけてしまうケースだけじゃなく、
お酒を飲んで、自分の行動を覚えていない人もいます。

老人が忘れることについて、若者は、どう対処すればいいんでしょう?
お酒を飲む人が忘れることについて、素面の人はどう対処すればいいんでしょう?

カウンセラーの先生は、怒りストレスいっぱいの人に、こんなアドバイスをします。
「それは、あなたが相手に期待し過ぎているんですよ」と。

つまり、「覚えているはずだ」という期待は、こちらの勝手な言い分で、
「覚えていないかもしれない」と、期待値を下げてあげれば、怒りもおさまるでしょう、と。

そんなん無理。
覚えていて欲しいもん。

では、相手が赤ちゃんだったらどうですか?
そんなの、覚えていろとか、理解しろとかいう期待をそもそもしないでしょ。

相手を赤ちゃんだと思ってみたらどうですか?

いや…
無理。

では、あなた自身は、絶対に「忘れたことはない」と言い切れますか。

すみません。
参りました。

まぁ、つまりは、
自分にとって好ましくない状況というのは、
自分を反省させるための鏡なわけですからね。
はいはい、わかってますよ。

ああ、ちっともスッキリしない…。
まだまだ修行が足りないクリキンディでした。

人気ブログランキングへ←ボタンを押すのを忘れないでね。

カレーで悟る

皆さん、カレーはお好きですか?
ビーフ?チキン?ポーク?野菜?キーマ?
まぁ、いろいろありますよね。

昨日、クリキンディは、オフィスのランチ仲間と一緒に
カレーバイキングを食べに行きました。

その日出ていたすべての種類のカレーを、少しずつ味見していき、
おなかいっぱいになった頃、みんなが、声を揃えて、
「やっぱりスタンダードなカレーが一番おいしいね」
と言ったのです。

それって仏陀の「中道」に通じるじゃん〜!
とクリキンディがつぶやくと、
友人のひとりが、
「でもさ、スタンダードなカレーだけじゃダメなんだよね、
いろいろ試して冒険した後だから、これがおいしいって感じるっていうか〜」
と言います。

まったくその通りです。

仏陀は苦行してみたからこそ、中道を見つけたわけで、
やっぱり、「20倍激辛カレー」や「カレーの王子さま」を試さずして、
中道を語るなかれ、ですよね〜。

いやぁ、いろんなところに、悟りの道は転がっているものです。

人気ブログランキングへ←クリキンディはスープカレーが好きです。

ドラマティックな人生

台風や地震、雷などの自然災害の時に、
やたらテンション上がる人、いますよね。
うぉ〜!来るぞ来るぞ!みたいな。

クリキンディの働くオフィスに、
普段は、どっちかと言うとぼーっとしているタイプ(失礼!寡黙な、と言っておきましょう)のオジサンがいるのですが、
台風接近の朝から、やたら、あちこちに電話かけまくったり、
ネットの情報をみんなに大声で伝達したりして、
なんか、楽しそうなんですよ…。

こういうピンチの時に、アドレナリンがドバッと出て、
素早く対処できるように、身体が準備をしているんだろう、とも思いますが、
なんか、それだけじゃない気がするのはクリキンディだけでしょうか?

今回、クリキンディのいる地域では、台風は、大きな被害を出さず、通り過ぎたわけですが、
そのオジサン、
「あ〜あ、もう行っちゃったんだ。な〜んだ、終わっちゃった、つまんないなぁ」
って、
おいおい!なんでがっかりしてるんだよ…。

思うに、
こういうタイプの人って、
「ドラマティックな展開」が好きなんですよね、きっと。
だから、非日常なシーンに遭遇すると、ポチッとスイッチが入る。
インタビューしてませんが、もしかしたらジェットコースターとか好きだったりして…。

生まれる前に、
次の人生の青写真を、自分で作ってくる、
と言いますが、
こういう人たちは、
「よし!ドラマティックな人生を送るぞ〜!」って決めて生まれてきているのかもしれません。

もうひとつ、こんなタイプもいますよね。
チャットやコメントで「災害現場写真うpキボンヌ!」とか書いちゃう人。

現場にいる人の気持ちを考えたら、こんな脳天気なこと言えないだろっ!
と思うのですが、
「自分は安全なところにいたい、でもドラマティックな現場を覗き見したい」
という野次馬タイプなのかなぁ、と思います。

こういうタイプは、スポーツやレースを観戦しながら、
一生懸命闘っている人に向かって、
「おらおら〜!何やってんだよ!しっかりしろ!」なんて
無責任な野次を飛ばすんでしょうね。

おほほ…
ちょっと批判チックになってますわね、わたくし……。
ええ、そんなタイプが好きではございませんことよ。

でも、「嫌いな人」ってのは、自分の鏡でもあるといいますから、
自分の中にある、そういう部分を反省させてくれるために、
こういう行動をとってくれてる、って言いますよね〜〜〜〜 f^_^;

はい、毎度、なかなか大人になれないクリキンディでございます。

人気ブログランキングへ←大人の階段上ろうとしているクリキンディに応援のポチ!をお願いします

職業を自由に選べるならたぶんアレはやらない

平日にお休みをとれるのは、とても幸せなことですが、
みんなと同じように、カレンダー通りに休める人も幸せです。

クリキンディが若い頃、土日祝日の方が忙しいという仕事をしていた時期がありました。
友達や彼氏と、休みが合わず、本当にさみしかったですよ〜。

というわけで、昨日のつづきですが…。
OLの友達(独身女子3名)との会話。

「じゃあさ、もし、生活に困らないお金があったら、働くのをやめる?」
と聞いてみました。
すると友達は、
「いや、やっぱり働きたいかも!」

お金のために働くのでないとすれば、
自分のやりたい仕事をすればいいわけです。
どんなことしてみたい?という話で盛り上がりました。

「私、ショップの店員やってみたい!」
「それ確かに休日には休めないけど、平日に休めるね!」
「あと、モデルとか歌手とか、芸能活動!」
「ディズニーランドのキャスト!」
「自分の趣味のものを集めてお店を開く!」
「あ、それいい!別に売れなくてもいいんだもんね〜」
「パイロットになりたい!」
「それ訓練がいるじゃん」
「まぁ、来世かな…」
「いや待て!役者になればいいのよっ!そうすれば、パイロットだって、店員だって、作家だって、何にだってなれるじゃん!」

すでに覚えていませんが、他にも山ほど職業が出てきました。
おかしかったのは、誰も「自分で作った料理を出すレストラン」とか、「保母さん」とか、
いわゆる「主婦」的な仕事をしたいと言わなかったことです。
な〜んだ、みんな結婚したい、とか言いながら、心の底では本当はしたくないんだね!

その会話の中でもっとも印象的だったのは、
「これらの職業を飽きるまでやって、飽きたらすぐ次の仕事にうつる!」
という発言でした。

これってもしかして…
「人間として生まれた目的そのもの」
じゃないっすか?

私たちは、いろんなことを経験したくて生まれてきたんですよね、きっと。
見ているだけじゃわからない、
聞いただけでもわからない、
でも、なんか面白そうなこと、
「自分でやってみて、どんな気持ちがするのか、じっくり感じてみたい」

なんだか、やる気出てきました!
あはは〜、さぁ、次は何をしよう〜!

人気ブログランキングへ←たぶん、主婦は過去生でさんざんやってきて飽きたんだと思います…?