からだと心のチューニング


こんにちは、意外に前日のイベントの疲れが、身体に残っていないことに気付いて
ちょっとうれしいクリキンディです。

ひとつ前の記事に書いた<昨日の自分と違う?>ですが、
とても似たようなことを、感じたことがあった!と思い出しました。

それは、アメリカ南西部、アリゾナ州にある有名なスピリチュアルスポット
「セドナ」に旅行に行った時のこと、
…というか、帰国してからの話。
(セドナの話を聞きたかったですか〜?リクエストがあれば、そのうち記事にします)

いつものように、仕事に向かい、
いつもの扉を開けようと手を伸ばした瞬間、
「あ…この中に入るのイヤだ!」って、一瞬身体が拒否反応を示したんです。

昨日、家の鍵を開けようとした時と、
ほとんど同じ「感じ」でした。

どちらも、すでに、そんな感覚は消えてしまっていて、
今ではなんともないのですが、
思えば、自分のからだ、もしくは心のチューニング(ピント?)が、
普段の生活と違うところに合っていたため、
もとの生活のチューニングに合わせるのに、ちょっと時間がかかったのかも?

もうひとつ、似たような感覚だったのが、
カンボジアのアンコールワットに旅行した時のこと、
…というか帰国してからの話。(またですかっ!?)

とにかく、食べ物が、おいしく感じられなかったんです。
みんな薬品の味がするような気がして。
そして、自宅でシャワーを浴びていた時に、
水が痛い、というか「キツイ」という感覚が1週間ぐらい続きました。

今思えば、この時も、ほんの3泊の旅行でしたが、
思い切り、カンボジアの空気にチューニングされてしまって、
もとの生活に戻すのに時間がかかった、ということだったんでしょうね。

ということは…ですよ、
結構、人は気がつかないうちに、いろんな「波」にチューニングを合わせて生きているのかも?
ということに思い当たったわけです。
(初心者なんで、「今頃気付いたの?」なんて責めないで〜!)

そうなると、
<旅のはじまり>に書いたような、
「誰かに連れ回されちゃった感じ?」というのも、
自分がそこにチューニングを合わせちゃったために、起きたこと、なわけですよね。

さて、
そのチューニングの調整方法ですが…



わかりません〜〜(≧▽≦)

いやいや、これから解明して行きましょう〜!

人気ブログランキングへ←クリキンディの修行にポチッと応援をお願いします…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。