ドラマティックな人生


台風や地震、雷などの自然災害の時に、
やたらテンション上がる人、いますよね。
うぉ〜!来るぞ来るぞ!みたいな。

クリキンディの働くオフィスに、
普段は、どっちかと言うとぼーっとしているタイプ(失礼!寡黙な、と言っておきましょう)のオジサンがいるのですが、
台風接近の朝から、やたら、あちこちに電話かけまくったり、
ネットの情報をみんなに大声で伝達したりして、
なんか、楽しそうなんですよ…。

こういうピンチの時に、アドレナリンがドバッと出て、
素早く対処できるように、身体が準備をしているんだろう、とも思いますが、
なんか、それだけじゃない気がするのはクリキンディだけでしょうか?

今回、クリキンディのいる地域では、台風は、大きな被害を出さず、通り過ぎたわけですが、
そのオジサン、
「あ〜あ、もう行っちゃったんだ。な〜んだ、終わっちゃった、つまんないなぁ」
って、
おいおい!なんでがっかりしてるんだよ…。

思うに、
こういうタイプの人って、
「ドラマティックな展開」が好きなんですよね、きっと。
だから、非日常なシーンに遭遇すると、ポチッとスイッチが入る。
インタビューしてませんが、もしかしたらジェットコースターとか好きだったりして…。

生まれる前に、
次の人生の青写真を、自分で作ってくる、
と言いますが、
こういう人たちは、
「よし!ドラマティックな人生を送るぞ〜!」って決めて生まれてきているのかもしれません。

もうひとつ、こんなタイプもいますよね。
チャットやコメントで「災害現場写真うpキボンヌ!」とか書いちゃう人。

現場にいる人の気持ちを考えたら、こんな脳天気なこと言えないだろっ!
と思うのですが、
「自分は安全なところにいたい、でもドラマティックな現場を覗き見したい」
という野次馬タイプなのかなぁ、と思います。

こういうタイプは、スポーツやレースを観戦しながら、
一生懸命闘っている人に向かって、
「おらおら〜!何やってんだよ!しっかりしろ!」なんて
無責任な野次を飛ばすんでしょうね。

おほほ…
ちょっと批判チックになってますわね、わたくし……。
ええ、そんなタイプが好きではございませんことよ。

でも、「嫌いな人」ってのは、自分の鏡でもあるといいますから、
自分の中にある、そういう部分を反省させてくれるために、
こういう行動をとってくれてる、って言いますよね〜〜〜〜 f^_^;

はい、毎度、なかなか大人になれないクリキンディでございます。

人気ブログランキングへ←大人の階段上ろうとしているクリキンディに応援のポチ!をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。