「後でね」って言わないで


「今忙しいから、ちょっと待ってね」

よく言いますよね。
というか、言われます。

人は、自分の中で優先順位をつけて行動します。
たとえば、締め切りが近い仕事は優先順位が上がりますし、
時間のかからなさそうなものを先にやる人もいれば、
時間のかかりそうなものを先に片付ける人もいます。
自分が先にやってしまいたい案件、後回しにしたい案件、
いろいろです。

クリキンディは、何かに集中している時には、
トイレにいくのを後回しにします。
もう漏れそう〜〜!って思うまで我慢しちゃいます。

そんな話はおいておいて…
「忙しいからちょっと待ってね」
と言うのは、
「あなたの優先順位は、今私がやっていることより低いですよ」
と言うのと同じなんだなぁ、と思ったんです。

例えば、子供が「パパ遊んで〜!」とまとわりついて来た時に、
「パパは今新聞読んでるから後でね」
なんて言っちゃいますよね。
それは、即ち、
子供と遊ぶより、新聞を読む方が、パパにとって優先事項なわけです。

で、新聞を読み終わってから、ちゃんと向き合って遊んであげているかと言えば、
「パパは今からパソコンでお仕事しなくちゃいけないから後でね」
な〜んて人も多いのでは。(全員とは言いませんが、パーセンテージにしたら半分以上いるかも?)

子供は、
「パパは、自分より新聞やお仕事が大切なんだ…」
「自分は、お仕事より価値がないんだ…」
って無意識のうちに刷り込まれますよね。

いやいや、パパだけを責めているわけじゃなく、
ママだって同じです。
クリキンディも、そんな小さな罪を、限りなくたくさん重ねてきた気がします。
そしてさらに遡れば、自分が子供の頃に、
親のこのような言動で、自分を価値の低い存在だと位置づけてしまったのかもしれません。

もし、
「今とても忙しいけど、ちょっとだけならいいよ」
って言ってくれたら、
言われた人は(たとえ子供じゃなくても)すごくうれしいですよね。
「自分は大切にされている」って感じられると思いませんか?

そんな風に余裕をもって人と接したいなぁ。

さぁ、書き終わったから、やっとトイレに行ける〜〜!

人気ブログランキングへ←今忙しいなら後で押してね……


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。