久しぶりに小さなミラクルふたつ


今日はいつもと違う路線の電車で帰宅しようとしたのですが…
隣の駅で起こった人身事故のため、すべての電車が止まっているというじゃないですか。
いつもの電車で帰っていればたぶん事故があったことすら知らなかったと思われるので、
これはなにか必然の流れなのか?と考えてみますがさっぱりわかりません。


ひとつめの必然

とりあえずホームで発車待ちしていた各駅停車の車両に乗り込んで、
座って発車を待っていました。
つまりこの時点ではさほど混雑していなかったんですね。
駅のアナウンスでは、現場検証も終わり、もうすぐ発車できるようなことを伝えています。

ふと見ると、すぐ隣のホームに快速が停まっていることに気付いたので、乗り換えることにしました。
ですが、その時点ではもうたくさんの人がぎゅーぎゅーに乗っていて、
大きなリュックを背負っていた私はちょっと無理に乗り込めない雰囲気。

車両の先頭まで確認して「無理」と判断。
もとの普通列車に乗ろうとしたら、すでにこっちもいっぱい!
もうなんだかめんどくさくなったので、2本とも見送ることに。

次にホームに入ってきた折り返し電車は各駅停車でしたが、もうガラガラで余裕で座れました。
ここまでは、まだ全然必然ぽくはないですよね。

ようやく自宅最寄り駅に到着して電車を降りると、
ホームのベンチに見た事のある人が座っています。
なんと、週に2日通っている職場の店長さんです。
この方、今月いっぱい(つまり明日まで)で退職されるため、
週に2日しかお店に行かないクリキンディは、もう会えないだろうなぁと思っていました。
どうやら今日は仕事がお休みだったようで、閉店後に開かれる送別会のために、
今からお店に向かうところだということでした。

送別会に参加できるのは社員さんだけだったようで、
知らせてもらえなかったことに、ちょっぴりショックを受けつつも、
「ああ、こうしてサヨナラを言うための時間調整だったのか…」と納得。
やっぱり必然でしたねー。


ふたつめのミラクル

ふたつめ、と書きましたが、時間軸で言えばこちらが先です。
週末に温泉三昧してきたことをチラッと書きましたが、その時の出来事。

別府温泉にひとりで一泊している友人に、
「別府到着は11時ぐらいになるから、悪いけど少しひとりで観光して時間をつぶしていてね。」
とお願いしていました。

別府と言えば、地獄巡りです。
どんなものなのか、ここでは詳しくは述べませんが(興味のある方はググってね)
入場料の必要なポイントが8ヶ所あって、単独で見るならそれぞれ400円、
共通券は2100円で売っているので、5箇所以上見るなら共通券がおススメ、
ということまでは伝えてありました。

で、到着して合流してみたら、
彼女は共通券を購入して、すでに5ヶ所を制覇していました。
もうここで終了しても損はしない状態です。
で、どこが残ってるの?と聞いてみると、
残りの3ヶ所は、すべてクリキンディが行ったことのないポイント!

もう笑っちゃうしかないですよね。
ものすごく小さなミラクル!だけど完璧なミラクル。
残りの3ヶ所は、もちろん一緒に観光しました。


些細な出来事を見逃さない

どちらの出来事もとても些細なことなので、あまりミラクルと感じる人は少ないかもしれません。
「なーんだ、そんなことなら自分だって経験あるし…」と思っている人も多いかも?

でも、こういう小さなことを観察する癖がつくと、
小さな出来事が積み重なって、大きな流れができているんだなぁと思えてきます。
世の中無駄なことはないし、いろんな出来事が偶然じゃなく必然だと思えるようになるし、
いろんなことに不毛な怒りもあまり沸かなくなってくるんですね。

ストレスだらけの人生が、少し楽に生きられるようになってきます。
何か納得のいかない出来事に遭遇した時に、
それを誰か(何か)のせいにして、落としどころのない怒りで気分悪く生きるのでなく、
「それは自分のために、必然的に起きたことなのだ」と思って視点を変えると、
ちょっと楽になるかもね、なお話でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。