[映画]プリンス・オブ・エジプト


今年はエジプトに行くぞ〜!なんて言ってみたものの、
なんとなく行けない、というか、行かない方向になっていまして…
別段深い意味はないんですが、なんとなく、です。

でもって、なぜか、流れで「プリンス・オブ・エジプト」のDVDを借りてきちゃいました。

エジプトの王子って、誰のことかと思ったら、モーセのことでした。
旧約聖書の「出エジプト記」にかなり忠実なストーリーのようです。

CGを駆使し、面白い演出方法を使っていたり、
ミュージカル仕立ての音楽がすばらしかったり、
全体的に、すごくよくできた、レベルの高い映画です。
ただの物語として見るなら、とても面白いと思います。

ん〜
ちょっと言いにくいのですが……
旧約聖書の「出エジプト記」のお話は、「史実である」と言われていますよね。
だとすると、んんん?という疑問がわいてきちゃうのです。

クリキンディ、クリスチャンではありませんので、聖書は、軽くしか読んだことがありません。
だから、映画を見た感想、としか言えないのですが…
んんん?な部分を書いてみようと思います。

まずは、エジプトの大きな建造物について、
ピラミッドをはじめとする建造物は、奴隷に作らせたという話が一般的ですが、
実は、旧約聖書以外に、奴隷制について証明できるものがないらしく、
遺跡で見つかった石盤の記述からは、
奴隷ではなく、市民が、普通に働いていた様子がわかったりしているんですよね。

つまり、本当に奴隷として抑圧されていたのかどうかわからないわけで、
もし、そのような史実がないとなると、
エジプトを脱出する意味がないことになっちゃいます。
カナンの地に、どうしてもたどり着きたい理由があったのかもしれない、とは思いますが。

そして、十戒にある「殺してはならない」の一文についても疑問…。
紅海を歩いて渡ったヘブライ人の後を、
追ってきたエジプトの軍勢が、海に飲み込まれて死んでしまっています。
これを自然現象とするならば、殺人にはあたりませんが、
神が起こした奇跡だとすると、
神が意図的にエジプト人を殺したことになっちゃいます。

さらに、
映画では、モーセをヒーローのように描いてありますが、
よくよく冷静に見てみると、
すべての言葉、奇跡は、神がモーセにやらせていることであって、
モーセの力とは言い難い、ということ。
「神」を名乗る人に、ただただ操られているだけのように見えてしまいます。

そして、映画では、全体を通して
「エジプト人はヘブライ人の敵であり、悪者である」
というような描かれ方をしているように感じます。

「出エジプト」の話が本当のことだとしたら、
エジプト人は、必ずヘブライ人に復習したくなると思うんですが…
この後の歴史に、そんなストーリーもあったりするのでしょうか?

いやいや、この年になっても、
まだまだ、わからないことだらけです。

人気ブログランキングへ←約束の地「ブログランキング」へ…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。