モトカレに会う気持ち


「モトカレ」とか「モトカノ」とか、
なんというか、青春の甘酸っぱい香りがしますね〜
人生の1ページを彩る「ご縁」があったのに、
いつのまにか、歩く道が別々になってしまった人。

クリキンディの豊富な恋愛経験の中で(…ウソです…見栄張ってみました…)
今でも「大好き」と言い合えるモトカレに会いました。

仕事の関係で、クリキンディの住む町に行くので
久しぶりに会おうか、という電話が来ました。
奥さんが仕事で出かけていない隙を見て、コソコソ電話をくれました。
おい、モトカノならいつでもやらしてくれるとか思ってないか!?(怒)
残念だがやらしてあげない!

だけど、会いたいと思いました。
あの大地震の後、
人生っていつどうなるかわからない、
それならば悔いのないように、思ったことはすぐに実行しておこう、
そう考えを変えた人が多いように思いませんか?

私たちの付き合いはほんの1年ちょっとでした。
彼は学生時代をこの町で過ごし、
その青春のほんの1ページをクリキンディと彩っただけですが、
なんとなく、心のどこかで終わっていなかったのかもしれません。

もうお互いに結婚もして、子供もいて、
まったく別々な人生を歩んでいるというのに、
ふとした拍子に思い出します。
これはちゃんと会って話をして、自分の中で終わらせておかなくちゃいけないのかな、
なんて思いました。

そして……
久しぶりに会った瞬間、
「ああ、やっぱりこの人好き!」
と感じました。

顔が好き。
笑顔が好き。
バランスが好き。
その話し方が好き。

もうお互いに随分年をとっているけれど、
今ここで、もしはじめて出会ったとしたら、
やっぱり恋に落ちたかもしれない。

だけど、ゆっくり話をすればするほど、
「私たちって共通の趣味がまったくといっていいほどないね!」
ということがわかります。
それぞれが人生の目標としていること、
幸せの価値観とか、大事にしていることとか、
そういうものがまったく交差しないんですね。
だから1年ぐらいで別れちゃったわけだ〜。w

人を好きになるのに、
大きくふたつのパターンがあるんだなぁと思います。
いわゆるひとめ惚れという形と、
最初はなんとも思わなかったけれど、少しずつ寄り添って好きになっていくという形。

見た目で好きになって、お互いの趣味や目標が一緒ならもちろんベストです。
最近は結婚しない人が増えているのは、
その希少な出会いを待ち過ぎているのかもしれませんね。

どんな出会いであっても、
何かしらの縁があって、お互いの人生にいろいろな影響を与えているのだと思います。

生まれる前に、
「私があそこで、こんな情報を伝える役割をやるからね」
って約束してきているのかもしれません。
そう思えば、どんな小さな出会いでも、
自分の心が動くものには、「必然」があるのかもしれませんね。

みんな、出会ってくれてありがとう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。