日本人はなぜ英語がしゃべれないのか


こんにちは、久々に風邪をひいて、GWは完全に台無しだったクリキンディです。
でも、ダラダラテレビを見てて、ふと気付いたことがあったのでせめてブログアップを。

それは、徳川埋蔵金の発掘番組。
ええ、ええ、もう子供の頃からずーっと見てますが、一度もなにもお宝が出てきたことはないのに、本当によく続いてますよねー
そしてついつい見ちゃう私ですが、今回の構成はなかなかよかったんですよ。

そもそも、なぜ埋蔵金伝説があるのか、
そこにどんな人が関わったのか、
その背景にどんな歴史の事情があるのか、
といったことを、今大人気の林修先生が解説してくれました。

それを見ながら、もしかしたら日本人が英語を話せない理由ってここにあるのかも?と思いまして。
もちろん、今回もエビデンスはありませんっ!
クリキンディの勝手な妄想です。


明治維新とキリシタン弾圧

歴史好きな人で、この時代に詳しい方はたくさんいらっしゃるでしょうから、
あまり詳しくない私はなにも解説できませんが…。

江戸城の無血開城について、事情をまったく把握できていなかった私、
勝てる見込みがないから降参したんでしょ、ぐらいに思っていたんですね。
でも、番組の解説では、実は幕府軍の方が軍備で圧倒的に勝っていて、そこで戦いになれば、負けることはなかっただろう、ということでした。

江戸の町や町民を守るために戦をしなかったという説もありますが、
それなら他の場所でもよかったかもしれないわけです。

そこでふと思い出したのが、キリシタンの弾圧です。
以前こちらの記事「クリキンディにもまぁまぁ理解できる島原の乱」にも書きましたが、
あの頃、宗教というツールを使って、日本を植民地化しようという計画があったのかもしれないわけです。
それをいち早く察知して阻止するために、
どこまで市民に情報を公開するのか、外交政策としてどのような態度で臨むのか、など
いろいろなシミュレーションをした上で、あのような禁教令になったのだとすれば、なんとなく合点がいきませんか?

同様に、明治維新の時代、
ペリーが鎖国を解いて開国を迫った裏に、
やっぱり日本を植民地化する計画があったのだとしたら…

まずは、派閥をいくつか作って内乱を起こさせて国を分断した上で、弱っているところになんらかの手を打つ、
なんてシナリオ、ありそうですよね。

そこにいち早く気付いた江戸幕府が、国を守るために無血開城という道を選んだのだとしたら。
やっぱ徳川すごい!と思います。


日本の英語教育

さて本題。
日本には、義務教育を含め、様々な英語教育のシステムがあるし、
みんな「英語しゃべれるようになりた〜い」と言うのに、
習ってしゃべれるようになった人、少なすぎると思いませんか?

自慢じゃないけど、私もしゃべれません。
ただ、英語の歌を歌うのに必要なので、発音についてはある程度勉強しました。
もう何十年も歌のレッスンをしていますが、
昔から、最近の中学生に至るまで、
本当に、みんな英語の発音が下手くそすぎますっ!

昭和だけじゃなく、平成になっても、本当にみんなちゃんと発音できない。
これは誰がどう見ても、教育のカリキュラムがおかしいと思いますよね。
しゃべれる、聞き取れる教育をしていない。

もしかしたら、日本は国民に英語をしゃべれるようになって欲しくないんじゃないか?と思います。


新たなシナリオ

日本の植民地化に失敗した国(もしくは組織)があったとして、
布教による計画が失敗、内乱による計画が失敗、
それで諦めるわけはないですよねー。

次のシナリオは、プライドくすぐり作戦、でしょうか。
日本はすごく強い国だというイメージングをして、戦争をけしかけます。
いくつかの勝利を味わった後で、世界を二分する大戦に巻き込み、原爆を使用して完全に国力を失わせます。

おそらく、今の北朝鮮と韓国のように、日本は分断されて、別々の国に統治されるシナリオが準備されていたんじゃないかなと思いませんか?

分断されずに、しかも独立国としての日本をそのまま継続することになった理由はよくわかりません。
昭和天皇とマッカーサーの間に交わされた会話が決め手らしいということは知っていますが、
本当にそれだけでしょうか。


教科書に込めた思い

ともかく、敵は作戦を変えたわけです。
今度はイメージアップ作戦です。

GHQが取り入れたと言われている3S政策はあまりに有名ですよね。
Sports
Sex
Screen
これらに興味を持たせておいて、日本人を骨抜きにする作戦。

今のところ、これは大成功していると言えると思います。
なぜなら、ほんの70年前まで敵国と罵っていた相手を、
かっこいい〜!おしゃれ!進んでる!あんな風になりたい!
というような印象で塗り替えたわけですから。

国民が自ら、自国よりも海外の方がかっこいい、移住したい、と思ってくれたら、国を乗っ取るのにこんなに簡単なことはありません。

そこで日本政府が取り入れたのが、
対外的には「義務教育でしっかり英語教育をしていますよ」という姿勢を見せながら、
本質的にしゃべれるようになるカリキュラムにしない、
という作戦だったと考えたらどうでしょうね。

以前のやりすぎコージーで、「戦後の算数の教科書の文章問題がまるで道徳」というネタをやっていたことがありましたが、
それが本当なのだとすれば、あり得ないとも言いきれないですよね。


日本が狙われる理由

なぜ、こんな極東の小さな島国を執拗に狙うのか、
そこには日ユ同祖論という説が関わってくるんじゃないかなと思っています。

まだまだ「とんでも説」でくくられてしまう話ですが、それこそ状況証拠は山ほどあります。
相撲の起源、
神輿のスタイル、
言葉の類似、
祇園祭、
御柱祭、
御頭祭、
三種の神器、
etc.

ユダヤ民族がなぜ迫害を受けるのか、その理由と日本が狙われる理由は、もしかしたら同じなのかもしれないですね。
ぜひみなさんもいろいろな仮説を立ててみてくださいね。

月間ムーが大好きなクリキンディがお送りしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。