ミモザの咲き乱れる頃 その2


ガン宣告を受けた、クリキンディの父親についての記事のつづきです。
はじめての方はこちらからご覧下さい。
<ミモザの咲き乱れる頃 その1>

父になかなか優しくできないクリキンディに
母親は「後悔しないように」と言ったのですが、
その時、私は「もういろいろ話をしたから、たぶん大きな後悔はない」言うと同時に
いや、後悔するかもしれない…と思うことがあったのです。

もし、父が亡くなった後、母が引きずられるように亡くなってしまったら…


そんなの嫌だ!
私はもっともっとたくさん母と話をしたい、
梅干しの漬け方だってちゃんと教わっていないのに…
母とふたりで一緒に旅をしたい場所がたくさんあるのに!!

私は、親に長生きして欲しいとも思えないような冷たい人間なのか…
と思って落ち込んでいたのですが、
決してそうではなかったんですね…。

では、どうして、父のことを愛せないのか、
確かに、親としては自分勝手で、子供の気持ちなど考えない人ではありますが、
一般的に見て、そんなにひどい人だとも思えないのです。

自分の中で、どうしてもわからない謎を解くために
私はヒプノセラピーをしてみることにしました。

そして、最初にイメージできたのが
ミモザの咲き乱れる季節に行われた、とても素敵な結婚式だったのです。
時代は、さほど古い感じではありません。
とても若いカップルの新郎が、どうやらクリキンディです。
その妻は……


私の今の母親です。

うひゃ〜!
でも、こういうことってよくあるらしいですね。
家族は様々に役割を変えて、グループで転生しているのだといいます。

場面は変わって、
町なかに小さな店を構えたクリキンディ。
コットンの洗いざらしの白いシャツを着ています。
仕立てやさんなのか、洗濯やさんなのか…

新婚間もない私たちは、ささやかに、しあわせに暮らしていたのですが、
そこへドイツ軍の兵士が銃を持って突然やってきます。
自分がいる国がどこなのか、よくわからないので、
いったいどの史実にあてはまるのかよくわかりませんが、
外に引っ張り出されて、見上げると
夜空が真っ赤に燃えています。
あちこちで火の手が上がっているのだと思います。

漠然と、自分が斜めになっている気がします。
その上に何かが多いかぶさっているようなイメージ。
たぶん、群衆の下敷きになって、そのまま若いクリキンディは命を落としたものと思われます。

若く優しい妻は、ドイツ兵に連れて行かれて、そのままどうなったのかわかりません。
そのドイツ兵士とは…


今のクリキンディの父親でした。

あ〜〜〜!!納得!!
そりゃ、父親のことを好きになれないわけだよ〜!

しかし、この話にはまだつづきがあったんです。
だって、これじゃ
まるっきりクリキンディが被害者じゃないですか。
それなら父のことを死ぬほど憎んでいてもいいのに、そうでもないのはなぜなのか。

人生ってそんなに簡単じゃないんですね…

人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。