「地球環境の話」カテゴリーアーカイブ

雪国の除雪の事情を知っていますか

ほんの2週間前には、2月における最高気温を記録し、
昨日は各地で記録を塗り替える大雪に見舞われ、
日本のみならず、世界中でこんな異常気象が相次いでいます。
アメリカ東部にも雪は降り続き、
モスクワでは異常な暖気のために春のような状態になっているとか…

今週末の雪によって各地で大きな被害が出ていることは、
Twitterでどんどん流れてくるのですが、
テレビやメディアはオリンピック一色だとか…

助けてコールをつぶやいている人も大勢いたようですが、
何もできない自分にもどかしさを感じつつ、
でも…
とても冷淡に思われるかもしれませんが、ちょっと違和感を感じたことを書いてみます。

まず、「早く除雪車に来て欲しい」と思うのは当然だと思いますが、
除雪車が、いったいどこに何台保有されているのか、
除雪車が一時間にどれくらい雪を処理できるのか、
具体的に、除雪された後の道路がどうなるのか、など
雪国の方以外はご存知ないと思いますので、
私が知っていることを少し書いてみますね。

普通の車と違いますので、まずとてもゆっくり走ります。
道路に積もった雪を道路脇によけていくだけなので、
雪がなくなるわけでもありません。
つまり、通常よりとても道幅が狭くなります。
さらに、道路上に障害物があれば(駐車している車など)そこは除雪できません。
雪が積もった道路は、どこが中央線で、どこが道の端なのかわからなくなるため、
除雪車自身も大変な危険を伴います

また、雪が降らない時には、まったく出番のないこの車と運転手を、
常々何十台も何百人もキープしておくための予算は莫大です。
そのため自治体では基本的に最小限の準備しかしません。
だから、出動する時には、事故の多い坂道から優先順位を付けて除雪していきます。

また、自宅の前や歩道に積もった雪を、
一生懸命雪かきされた方も多いと思いますが、
それを道路の方にかき出す方も多く、
雪が行ったり来たりすることになります。

だから、雪国に住んでいる人は、
雪が降った時に、すぐに除雪車がなんとかするだろう、とは思っていません。

今回の雪で道路や線路が寸断されて、孤立された方が大勢いると聞きます。
完全に災害レベルです。
自衛隊への出動要請を願っていた方も大勢いましたが、
自衛隊は除雪を専門にしているわけではありません。
様々な訓練を積んでいて、一般市民よりサバイバル能力に長けていることは確かですが、
そこへ辿り着けなければ何もできません。

スーパーマンやヒーローのように、簡単に状況を打開できるわけではないんです。
これは、台風や津波の時と同じだと思うのです。
助けがくるまで、おそらく皆さん自分にできることを死にものぐるいで行っていたと思います。
救出後、落ち着いてからでいいので、その経験を語ってください。
津波が来ることを予測した人、対処について知識のあった人となかった人で、
運命が分かれたように、
大雪の知識がある人とない人では生存率が違うはずです。

また、今回大雪の予報は出ていたし、外出を控えるように、という報道もありました。
それでも「仕事だから行かなくちゃならないし…」と出かけた人も多かったと思います。
なぜそんなに仕事を優先して命を粗末にするんでしょう…。
なぜ「自分だけは雪崩に巻き込まれない」と思えるんでしょう?
なぜ「自分の乗った電車は止まらない」と思えるんでしょう?
なぜ「自分が走っている道路は通行止めにならない」と思えるんでしょう?

危険を承知で出かけたのなら、自分で責任を持たないといけないんじゃないでしょうか。
状況を甘く見て、「やっぱダメだったから助けにきてー」というのは、
とても甘えに感じます。
もちろん、人間は困っている人を見たら助けたくなります。
ですが、その助けに向かっている人をも危険に巻き込んでいるのだという認識を持って欲しいと思います。

すみません、今日は辛口です。

最近天気予報が当たらない理由

*******
はじめにお断りしておきます。
この「天気予報が当たらない」印象が全国的なものなのかどうかわかりません。
クリキンディの暮らしている地域(東北地方)で感じている状況ですので、
これを読んだ皆さんのお住まいの地域に当てはまらない場合はスルーしてください。
*******

クリキンディが子供の頃、つまり昭和の時代、
天気予報というのは、まぁだいたい当たらないものでした。

それがパーセンテージで予報されるようになったのは、1980年頃のことです。
スーパーコンピュータで、過去の気象状況から予測される天気を計算できるようになったんですね。

はじめの頃は「今日は雨の降る確率30%」みたいな予報だったのですが、
だんだんに精度が上がってきて、
今では地域毎に、また一時間毎に天気予報や気温予測が発表されています。

そして、それが当たる確率もどんどん上がっていて、
傘を持っていくかどうかだけでなく、
その日、何を着て出かけるかも、
天気予報を見てから決める習慣ができた人も多いと思います。

ところが、「最近、天気予報が当たらない」と思いませんか?
晴れの予報だったのに雨なんてこともよくあるし、
まず、気温の予測がどうも当たらない。

以前は、天気予報をするのは気象協会の人だけだったのに、
気象予報士の資格を持った人が増えて、
予報を出す機関と、それを発表する場所(ネット上など)が増えたため、
予報もバラバラになっているのは確かです。

ですが、それでも数年前に比較して、
その予報のほとんどが、どんどん当たらなくなっている印象です。

世界的に見ても、
「異常気象」という言葉をよく見かける時代です。
「観測史上、最高気温」とか「観測史上、◯◯年ぶりの気象」
というのもよく聞きます。

おそらく、今までのデータを参考にしただけでは、予報ができない時代になっているんじゃないでしょうか。
テレビやラジオの天気予報番組では、
お天気おねえさんが(おにいさんやおじさんもいますが…)
にこやかに「これは観測史上もっとも早い開花となりま〜す」なんて感じで言っていますが、
実は、地球の危機を一番に感じ取っているのは、気象予報士の方じゃないでしょうか?

一体、なぜこんなにも天気予報が当たらなくなっているのでしょうね。

もうひとつ、「気温差」が激しくなっていると思いませんか?
陽が差している場所と、日陰の気温差、
昼と夜の気温差、
夏と冬の気温差、
気温の上下が以前に比べて、とても激しいように感じている人は多いのでは?

では、「以前に比べて」の以前って、いつ頃でしょう?

過去の気象データをちゃんと比較したわけではないので、
ここからは、クリキンディの想像に過ぎませんが、
(というか、ぜひどなたか検証してください〜)
311の数年前から、「異常気象」という言葉を聞く機会が増えたように感じています。

数年前、と言えば「地球温暖化」と盛んに言われ始めた頃。
2007年に日本でも公開された映画「不都合な真実」あたりがピークでしょうか。

二酸化炭素が増えて、地球の温度がどんどん上がっている、
このままでは地球があぶない!というような内容でした。

当時は二酸化炭素をいかに減らすか、という主眼で、様々な運動が行われていました。
何か効果はあったのでしょうか?
少なくとも、「地球環境」について考える時間は増えたような気がします。

それでも、地球のあちこちで、「記録を塗り替える」出来事は起こり続けました。
最高、最低気温の更新、
季節外れの大雪、凍結、
超大型の台風、竜巻、
ゲリラ豪雨、洪水、
植物の狂い咲き、昆虫の大発生、
火山の噴火、地面の陥没、
etc…

でも、まだ、天気予報がさほど大きく外れている印象はありませんでした。
天気予報で「暑くなる」と言われれば、暑くなっていました。
ただ、ゲリラ豪雨については「予測が非常に難しい」ということを知りましたが。

そして311の地震、津波、福島原発の崩壊が起こり、
大量の放射能がまき散らされました。
放射性物質が風に乗って飛び散り、そこから放射線が放射され、
目に見えず、ニオイもなく、ただちに人体に影響を与えないために、それを避けることも難しく、
空気も土も水も食べ物も、気付かないうちにどんどん汚染され続けています。

それが天気に一体どんな影響があるの?と思いますよね。

放射能が人体に与える影響が、ちゃんと研究されていない(もしくは研究されていても公になっていない)日本で、
放射能と天気についての研究をしている人はほとんどいないと思われます。
誰か、ちゃんと研究をして欲しい!(切実)
ですので、あくまで仮説ですが、
放射性物質の持つ不安定な性格が、空気中の分子に影響を与えないわけはないですよね。

目に見えないその分子が、放射能の影響を受けて、
通常自然界にある形とは違うものになっているのではないか、
そして、それが気温に大きく影響を与えているのではないか、
というのが、この仮説です。

「気温と放射能の関係」

これは、クリキンディの師匠的存在の「森のトトロ」氏の立てた仮説ですが、
この後、中性子による影響により、
ごく狭い範囲内で「もやもやと暑く感じる」空気と「ヒヤッと冷たく感じる」空気が混在する、
という仮説も立てています。
(化学が苦手なクリキンディにはこれ以上説明できません…ごめんなさい)

さて、最初の話に戻りますが、
日本で気象データが観測されはじめてから、まだほんの100年余り、
放射能を浴びた空気の観測など、はじめてのことなのです。
過去のデータを元に気象を予測していても当たるわけはありません。

日によって、激しい温度差があり、一日の中で、晴れたり降ったり風が吹いたり、
激しい変化がある日は、今後も続くのだと思います。
それらのデータが何十年も蓄積されていって、
また少しずつ天気予報が当たる確率は上がっていくのでしょう。

最後に、
「異常気象」と「地球温暖化」について、原因が二酸化炭素だけという単純なものではない、
ということは、少しずつ認識されてきていると思います。
では、なぜ異常気象が増えているのか、
これもまた、大それた仮説になりますが、
「もし地球が生き物で、この大地が肉体だったとしたら」
と考えたらどうでしょう?

ホコリが積もれば吹き飛ばしたくなるし、
手が汚れたら洗いたくなるし、
冷えすぎれば暖めたくなる、

そして、どうにも対処できなくなった時に、
人間は病に冒されて死ぬこともあります。

さて、地球は今……?

皆さんのお住まいの地域の状況もぜひ教えてくださいね。

←クリキンディのブログおよびツイートがまとめて見られます。

←人間はボタンがあったら押したくなるけど地球はどうでしょうね?

電線から火花が〜〜!

それは爆弾低気圧の暴風雨が通り過ぎた、4月4日の夜のこと…

家の前の道路から「バン!」という音が何度も聴こえていました。
近所の人が車のドアを閉める音だろうと思って、気に留めていなかったのですが、
いつもより頻繁に鳴る音に、ちょっとイラっとしたクリキンディ、
カーテンを開けて外を覗いた瞬間、
音と同時にフラッシュのような光が目に入りました。

予想外の展開にちょっとパニクったクリキンディ、
「あわわ、きっと誰かが打ち上げ花火を上げたんだわ…」
と思い込もうとしました。
夜中の12時過ぎだっての………。

こういうのを「正常性バイアス」って言うんですよね。

近所の人も特に騒いでいないし、
誰も「逃げろ〜」と言わないし、
きっとなんでもないさ、
って思いたかったんです。

ちょっと落ち着こうと思って風呂に入りました。
そして、風呂から上がって、またカーテンをめくると…

そこには、さっきより頻繁に鳴る爆発音と火花、
というかむしろ小さな稲妻のような光。

こりゃ通報した方がいいな…
そう思って119にダイヤルしたのは、
最初に爆発音に気付いてから約3時間もあとのこと。

「はい119です。火事ですか?救急ですか?」

「えーと…あの…火花が出てるんですが…。
ここからはっきりとは見えないのでよくわからないんですが、
たぶん…電柱か電線か…
数時間前から、小さい爆発音と火花が出てるんです。」

こんな時、どんな風に状況を説明したらいいのか、わからないものですね〜
しどろもどろになりながら、やっとここまで伝えました。
すると、119のおじさん、
「どこだかわからないんですか?確認してもらわないと困りますね〜」
とおっしゃるではないですか!
「え…?!こわくて見に行けませんよ〜!
結構大きな音がしているんで近所の人も気がついていると思うんですが、
他に通報はきてないんですかっ?!」

「ああ、来てますね…。では消防車を向かわせます。」って。
それから約10分ほどして消防車が到着しました。

夜中でもあり、眠かったので、その後状況を確認しないままに寝てしまったのですが、
どうやらこういうことだったんですね。

◆佐賀新聞
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2188227.article.html

◆院長のひとりごと
http://onodekita.sblo.jp/article/55266613.html

◆中國新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201204110139.html

◆秋田さきがけon the web
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20120412m

クリキンディが今回伝えたいことはふたつあります。
まず、この「電線から火花」の発生数が膨大で、日本全国、広範囲に起きていることの不思議。
上記の「院長のひとりごと」ではセシウムが原因かもしれない、と仮説を立てられています。

この日の暴風雨の中、どうしても出かけなくてはならない用があり、
車に乗って出かけたのですが、
フロントガラスにつく雨粒がベタベタして、
普段は滅多に使わないウォッシャー液を何度も使いました。
いったい、どんな成分が雨に混じっていたんだろう?と気になっていました。
この成分が電線に影響を与えた可能性もありますね。
つまり、普段は降下しないものが、日本全国に降ったということだと思います。

そして、もうひとつ、
こういう場合の人の行動パターン。
「きっと誰かが通報して解決してくれるだろう」
「きっと何でもないことで、危険もないに違いない」
「だって誰も逃げないし」

「正常性バイアス」という言葉は知っていたけれど、
自分はそんな風にならない、と思い込んでいました。
今、日本人全員がこの罠にかかっているような気がするんですが…。

皆さんのまわりは大丈夫ですか?

←クリキンディのブログおよびツイートがまとめて見られます。

←こちらも宜しくね!

風レンズの風車


「風レンズ」ってご存知でしょうか?
虫眼鏡が太陽の光を集めるのと同じで、
風を効率よく集めることで、風車の効率を3倍に上げちゃおうというしくみです。

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/oRCljb5jS0w" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
<公式サイト>
http://windlens.com/

世の中には、こういうことを一生懸命研究する人がいて、
地道に「確かな結果」を出しているんですよね。

ですが、日本の上層部は、こういう優れた技術にまったく興味がなさそうです。

「エコカー減税」ってのがまたはじまっていますね。
消費者にとっては車が安く買えるし、
自動車メーカーにとっては、損をせずに車の売り上げがアップし、
いいことずくめのように見えます。
だけど、その補助金の出所は、私たちの税金です。

なぜ自動車ばかりが税金で優遇されるんでしょうね?
以前に、電化製品でもエコポイントとかありましたし、
「省エネ」っぽく見えるものに対する補助金の制度は他にもいくつかありますが、
なぜ「風力発電」に補助金が出ないんでしょうね〜〜?

「だって、温暖化を防ぐために自動車の排気ガスを減ら…(ry」とか
「風力発電は低周波とかバードストラ… (ry」なんていう政治家みたいな反論は要りませんよ〜。

自動車を作る上で、どれほど大量の二酸化炭素が排出されていると思いますか?
自動車の部品は、ほぼ金属とプラスティックでできていますよね。
風車の振動やバードストライクについて、風力発電の研究者は日進月歩で成果を出しています。

つまり、はっきり言って(きゃ〜!はっきり言うのってなんか怖い〜〜)
この国は「地球環境」を考えて、物事を決めているようには見えません。
そこには、一部の人が利益をむさぼるシステムが隠れているように見えませんか?

こんなシステムに正面から切り込んでも無駄なんだなぁ、
という無力感が、原発事故以降、
ず〜っとクリキンディの中にあります。

どんなにこぶしを振り上げて、正論をかざしても、
http://bit.ly/zQI5xY
<東京の原発住民投票「署名30万人届く」 期限迎え自信>

センチメンタル論と言われてしまうんです。
http://bit.ly/yHbtBS
<石原知事、原発の住民投票条例「作るつもりない」>

そして、どんなに放射性物質の危険性を叫んでも、
http://mercury7.biz/archives/17943
<2012年に入ってから、福島産米が売れ筋に>

http://bit.ly/AwTra1
<がれき受け入れ 県「できる限り支援」 県議会特別委 民間施設の受諾も>

放射能は、広く薄く(濃く?)日本中にばらまかれていくのです。
怒りを通り越して鬱になっちゃいますよ。まじで。

あ、そういえば、とても似たような状況を知ってるかも、私…
と思ったことを次の記事で書いてみようと思います。

←ランキングレンズ?

シャンプーやめた!

と決めてから、もう何年経つだろう〜?
最初は、身体からはじめました。

クリキンディの世代は、お風呂でナイロンタオルでゴシゴシするのが大流行り。
何年もの間、硬い、痛いタオルで身体を洗っていました。

しかし、大人になってから、
どうやらあまり表皮を落とさない方がいいらしい、という情報に触れ、
まずナイロンタオルをやめ、
次にコットンタオルもやめて、
そのうち、ボディシャンプーを手につけて洗うように。

また、シャンプーや、洗剤の界面活性剤がよくないらしい、
という情報に触れ、
身体は刺激の少なそうな石けんに、
髪は石けんシャンプーにチェンジ。
そのうち、身体はもう石けんなしで、お湯で流すのみ。
髪も基本はお湯のみで、石けんを使うのは週に一度。

ここまでくるのに、たぶん3年くらいかかっています。
そして、身体も髪も、台所の洗剤もまったく使わないようになってから、
さらに2年ぐらい経ったかなぁ?

毎年、冬になると、
タイツを脱いだ時に、足のすねからパァ〜っと粉が散っていたんですが、
(乾燥した皮膚がパラパラと…)
ようやく粉を吹かない皮膚に変化してきました。

そして、今日ふと気づいたのですが、
髪のキューティクルが確実に戻ってきている!
シャンプーをやめると決めた頃から、
どんどん、髪にうるおいが戻ってきて、
まったく枝毛もできなくなってきていましたが、
まだ完璧ではなかったんですね〜。

抜け毛を一本つまんで、指でこすると、
普通は根元から毛先に向かっていくと、スムーズで、
逆方向にこすると引っかかりがあるのですが、
クリキンディの髪は、どっち方向にこすっているのか、
指先の感覚だけではわからないほどキューティクルがなくなっていたんです。
それが、最近は、ちゃんと指先だけでもわかるほどになっている〜!

お肌や髪を清潔にしなくてはいけない、
そのためには、泡を立てて洗わなくてはいけない、
ず〜っと子供の頃からそう思わされていたんだなぁと思います。
もともと乾燥肌のクリキンディは、
洗いすぎることで、髪や肌にものすごいダメージを与え続けていたんですね。

おそらく、シャンプーをやめる年齢は早ければ早いほどいいと思います。
地球にも優しいし!
ぜひお試しを。

←仲間になってね!