蚊が刺したい場所


台風18号は、私の住む町の真上を通過していきました。
「台風の目」に入ると、ピーカンに晴れると聞いたので、楽しみにしていたのですが、
残念ながら、すでに「目」の形は崩れていたみたいです。
今回、雨は大量に降ったものの、風の被害がほとんどなく、ほっとひと安心です。
なのに、「ちっ、つまんないの、もっとひどいと思ったのに」なんて言う輩もいて、
おいおい、その集合意識が、次の台風を呼ぶからやめてくれ〜!
と心で叫んだクリキンディです。

すっかり空気が入れ替わって、秋の気配なのですが、
夏の居残り組の「蚊」に刺されてしまいました。
車の中に一匹紛れ込んでいたようで、
左あごと、右鎖骨の中心部分の2箇所。
かゆいし〜〜!

でもね、本当は「蚊」ってイヤなやつじゃないんだなぁ、ということもわかってきました。
よく、「友達と一緒にいるのに、なんで私ばかり刺されるのよ!」なんて聞きますよね。
あと、刺されてもすぐに腫れが引く人と、いつまでもかゆくて腫れが引かない人。

これって、血液型なんかのせいにされてますが、そうではなく、
よくよく観察してみると、
身体の「気・血・水」の滞っている場所を刺されている、ということに気付きます。

洋服を着ている上から刺すのは、蚊も難しいので、
肌が露出している場所だけになりますが、
蚊は、「あまり健康ではない血」を好むようなのです。

そして、よくできたもので、「かゆみ」というものを残していってくれます。
人はその部分をかいたり、叩いたり、爪で十字に跡を付けたりして、
つまり、結果的に「マッサージ効果」があるわけです。

なんとよくできたシステムなんでしょう!

今回私が刺された2箇所も、確かに、滞っているという自覚がある場所でした。
「蚊さん、ありがとう〜!」
と思う気持ちと、
「こんにゃろ〜!」
と思う気持ちが、
天使と悪魔の戦いを繰り広げた後、

パチン!とやっちゃった、悪魔のクリキンディです………

人気ブログランキングへ←蚊の羽音が聞こえるかどうかで年齢がわかっちゃうらしいですね…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。