心霊手術かも?


今日は久々に怪しいお話。
クリキンディ、最近「蓮コラ」という記述を見かけて、
「決して検索してはいけない」ことを知らずに、
あっさり検索してしまったんですね。

そこに現れた画像を見て、ひえーーーっ!となってすぐ閉じたものの、
もともと、つぶつぶしているものが苦手というわけでもなかったからか、
なんだか「また見たい」という気持ちがむくむくしてきちゃいました。
(この先画像ありませんのでご安心を。)

あらためて画像検索してみると、
いやいや、いろいろと気持ち悪い画像をアップしている人がいるんですね。
身体中に虫酸が走る、というのはこういうことだよね、
と納得できる気持ち悪さです。

だけど、そのゾワゾワ感がだんだん気持ちよくなってきました。
ずーっと頭皮が鳥肌状態な感じがしていたのですが、
ただ鳥肌なだけじゃなく、
髄膜の中が動いているような感覚です。

あれ?
なんか、知ってるぞ、この感覚、
と思い起こしてみると、
マッサージしてもらって、老廃物がうまいこと流れている時の気持ちよさと似ています。

これは、森のトトロから教えてもらった「人間の大原則」とも言うべき、
「好き・嫌い・普通」
に当てはまるんじゃないか?と思い当たりました。

簡単に説明すると、
「好き」と感じるものは、今の自分に必要で、かつ吸収できるもの。
「普通」のものは今は足りていて特に必要ないもの。
「嫌い」と感じるものは、自分にとって必要なものであるが、今は吸収できる状態にない。
ごくごく薄めて取り入れると好きと感じることもある。
という大原則です。

クリキンディにとって、蓮コラは必要なものだったんだ!
しかも、今ならさほど薄めなくても好きと感じるレベルだー!
と気付きまして。

なぜ必要かということについては、すでに答えが出ています。
この気持ち悪さに身体が反応して、老廃物が動き出すんです。

すっかり面白くなってきたクリキンディ、
今度はイメージの中で老廃物ゴッソリ出しちゃおう作戦をやってみました。
身体の中でゾワゾワと感じる部分に、蓮コラのイメージを貼付けます。
そこに「小鼻の角栓取り」のテープのようなものを貼付けるイメージをして、
一気に抜去るイメージをします。

もうほんとに、ただのイメージですが、
スポポポポーンと抜けたイメージをした後の気持ちのいいこと!!
これはセルフヒプノセラピーの経験がとても役立ちました。

すると不思議なもので、身体のあちこちから、
「ここ詰まってるよー」って声が聞こえてきます。
いろんな場所の角栓を抜きながら、
どうせイメージなんだから、内臓からなんか取り出すイメージやってみよう、
と思いついて、心臓やら肝臓やら膵臓やら、
いろんな場所から、いろんなもの(ドングリみたいなものから粘土状、液体など)を
心霊手術さながらに取り除いていきます。

実際に効果があるのかどうかまったく検証できませんが、
なんかスッキリするんですよ、これが。

オーラすらも見えないクリキンディには確かめようがないんですが、
なんか見えるタイプの人は、ぜひ試してみてください。
うまくいけばラッキー!ぐらいの気持ちでどうぞ。

☆追記☆(7/26)
あれから「蓮の実」(蓮コラじゃないよ)の画像を検索して毎日見るほど大好きになってしまいました。
面白いことに、見始めた頃と比べて、
ああこの写真好き!と思うものの種類が少しずつ変化しています。
最初の頃は、まだ生々しい薄緑色のものを中心に見ていたのですが、
最近はかなり熟れて黒っぽくなって、本体との隙間が開いたものばかりに目が行きます。
すっかり枯れてカラカラになったものを好きになる頃には、
自分の老廃物もきっとだいぶ減っているんじゃないかと期待してるんですがねー(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。