家が欲しい


クリキンディ家では、ただいま「家」を募集中です。
犬と猫を飼えて、眺めのよい、日当たりのよい、庭付きの素敵な家を探しています。

賃貸で「犬と猫」両方を飼える家は、まずありません。
不動産の知り合いに頼んでも、「うーん」と唸ったまま情報が出てきません。

貸してくれる人がいないのなら買うしかないね…。
もちろん、お金はありませ〜ん!
しかも、この不況でクリキンディの収入はガタ減りです。
なので、住宅メーカーが時々開催する、
「○○ハウスを○○万円でお譲りします」
というやつに応募してきました。

もちろん、住宅メーカーの目的は、
「家が欲しい」と思っている客を、ひとりでも多く、住宅展示場に呼び込むことです。
そして、申し込みに訪れた客に、
いかに自社の住宅が優れているのかを、懇切丁寧に説明してくれます。

クリキンディ、この住宅メーカーは、とても気に入っています。
お金があったら、本当にすぐにでも、この会社に頼みたいぐらいです。
というのも、
その説明の仕方が、とても「正直」なんですよ。

たとえば、最近の住宅の流行は「高気密・高断熱」です。
しかし、その方法をひとつ誤ると、
どれくらい家にカビが生えるのか、
実際の失敗例を正直に話してくれるのです。
そして、その失敗から、新しい工夫をして、
うまくいったことを、うれしそうに説明してくれます。

また、天井裏の地震対策について、
「もし、他のメーカーさんで建てる時にも、ぜひこの対策だけはやってくださいね、
これは法律上は対策しなくていいいことになってるけど、
ほんの数万円の出費で、耐震効果は10倍以上になりますから」

なんて説明してくれます。
もちろん、宣伝のためのセールストークかもしれません。
マニュアルに、そう言え、と書いてあるのかもしれません。

でも、なんというか、
そこの従業員さんたちは、
「言わされてる」感がないんです。
本当に、自社の製品に自信と誇りを持っていると感じます。

やっぱり、人に何かを売りたいのなら、
売るものに惚れ込んでいないとダメですよね。

技術の進歩の早い昨今、
半年も経つと、前よりよい性能で、しかも安いものが出たりします。
しかし、在庫を抱えたくないメーカーは、
古い型の製品を売り切ってしまうために、
いつ新製品が出るのか、どんな性能なのか、
ギリギリまでひた隠しにしています。

そのことを知っていて、トークだけで売ろうとする人は、
どれだけジレンマに苦しんでいるか…

「嘘をつく」って、自分の心を傷つけるのと同じことだなぁと思います。

ああ、嘘をつかないで仕事をしたいなぁ…

人気ブログランキングへ←今回申し込んだ家には「正直な家」という名前がついています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。