Blind Night


006515なんていう名前だろう?
ジジジジ…リリリリ…ガシャガシャ…
今年は夏がなかった。雨ばかり。
カレンダーもないのに、どうやって虫たちは秋の到来を知るんだろう。
太陽がほとんど顔を見せなかったのに、
植物たちはどうやって花開く時を決めるんだろう。

私には正確な時計とカレンダーがあるのに、
それでもどこへ向かえばいいのかわからないでいるのにね。

さっきまで見えていたお月様は、また雲に隠れちゃったなぁ。

虫たちは鳴き方、歌い方を誰かに教わるのだろうか。
花たちは開き方を、種の育て方を、飛ばし方を、誰かに教わるのだろうか。

もし人間が誰にも何も教わらなかったとしたら、
歩き方や歌い方、愛し方を自然に知る事ができるのだろうか。

魚や鳥たちは、どうやって食べていいものといけないものを区別するんだろう。
食べたいものはきっと誰にも教わらなくても知ってるんじゃないのかな。

ただ、食べるものに似ているけど、食べちゃいけないもの、
例えばクラゲと間違ってビニール袋を食べて死んじゃうウミガメとか…
小さな植物の種に見えるプラスティックの粒を食べて死んじゃう鳥とか…
そんな「食べたら死んでしまうようなもの」は地球にはもともとなかったんだよね、きっと。

毒のあるものは、ちゃんと毒があるように見えるし、
それを野生の生き物は食べたいと思わない。

なんだろう、人間って。
子供の頃からずーっと疑問だった。
地球上で人間だけが異質な存在。

いつか、私にも理解できる日が来るのだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。