種無しひまわり?


え〜、ちょっと前に、うちの庭のひまわりについての記事を書いたのですが、
なぜか、どんどん元気がなくなり、今はほとんど枯れかけています。

先端が枝分かれしていて、
葉っぱの付け根につぼみがついていた株も、
つぼみのまま枯れてしまいましたし、
ものすごく大きな花をつけた株は、たくさん種がついているのですが、
その種を割ってみると、身が入っていないスカスカの種ばかりです。

農水省が「ひまわりは放射性物質の除去にほぼ効果なし」と発表したようですが、
これについて、武田先生は、
「セシウムは現在土の浅い場所にあり、深く根を張るヒマワリがすぐにセシウムを吸い上げるわけではない」
というようなことを仰っているようですね。

皆さんのまわりにあるヒマワリは今どんな状態でしょうか?
今までヒマワリをこんなに真剣に観察したことがないので、
毎年こんなものなのか、今年が異常なのかさっぱりわかりません。

ちなみに朝顔は、普通に種をつけています。
皆さんの観察した植物の話、聞かせてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。