我が家の植物…やはり放射能の影響かも?


クリキンディの家にはちょっと広めの庭があります。
借家ですが、大家さんがきれいに手入れをされていたので、
季節季節の花に癒されています。

放射能が植物に影響を与え、
時々奇形が見つかるという噂は聞いていましたが、
まだギョッとするようなものにはお目にかかっていません。
ただ、ん?これちょっとおかしいかも?
という植物があったので、写真を撮ってみました。

まずは鉢植えして軒下に置いておいたアイビー。

一枚だけ大きな葉っぱがあります。
他の葉の大きさは2‾3cmというところですが、
ひとつだけ、5cmぐらいのものが、茎の途中に生えています。

次は、ひまわりです。

こちらが、普通のひまわり。
かなり背が高くなって、まもなく開花しそうです。

そして、こちらが、ちょっと前に咲いた花なのですが、

他の株に比べてやたら花が大きく、
その重さに耐え切れずに、太い茎がぐにゃりと曲がっています。

もうひとつ。

一見普通のひまわりに見えますが……
つぼみがたくさんあるのがわかりますか?

普通は、ひまわりはひとつの株にひとつの花をつけます。
(種類によっていくつか花をつけるタイプもありますが、庭にまいたのは、一株にひとつの花が咲くタイプです。)
よく見ると、
葉っぱの付け根に、小さなつぼみがあるのがわかるでしょうか?
それもひとつではなく、葉っぱの付け根全部に。
もうちょっと寄ってみましょう。

開花したらどんなことになるのか、
楽しみなようなこわいような……

これが放射能の影響なのかどうか、
私には判断できません。

しかし、今までなら、なんかちょっと変わったひまわりが咲いたなぁ、
ぐらいの感想しか持たなかったと思うのですが、
他と違うなぁと思うものを見つけたら、
なんだか全部放射能のせいかも…と思ってしまいます。

皆さんも、身近な植物を観察してみてくださいね。


「我が家の植物…やはり放射能の影響かも?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。