アセンションは壮大な嘘?


なかなか風邪がスッキリおさまらず、
なんかいろいろ空回りで、プチ鬱なクリキンディです。

子供の頃からUFOとか宇宙人とかオオパーツとか超古代文明とか、
そういうの大好きでした。
1999年にはノストラダムスの大予言にちょっとおびえて暮らし、
2012年には一体どんなアセンションが経験できるんだろう?とワクワクしていました。
その頃には地球が宇宙連合に加盟して、
小さな宇宙人のアミとも友達になれると思ってました。

だけどね〜
どうも最近、なんか違うんじゃないかと思い始めましてね〜。

まず、
広い宇宙には、高度な文明を持った人類がたくさんいるはずだ、
とは思っています。
ですが、各地で目撃されているUFOについては、
ほとんどが「地球製」である可能性が高いんじゃないかなと思うんですよ。

第2次世界大戦中に、すでにドイツ軍がUFOを完成させていたらしい、
という話は皆さんも聞いたことがあるのでは?
地球の科学技術の進歩は、まず「軍」の技術にはじまるというのもほぼ常識です。
戦争のための武器開発チームでは、
垂直離陸、高速飛行、レーダー不可視の飛行物体の開発が、
極秘事項として進められていることは、簡単に想像できますよね。

そして、飛行実験の目撃例については、
「気象観測用の気球だ」みたいな中途半端な情報を公式に流して、
裏で「宇宙人の乗り物らしいよ…」という噂を流せば、
「本当は新兵器である」という事実を隠せる気がしませんか?

「映画は、大衆を洗脳するために利用されている」というのも
今や公然の秘密です。

ほとんどのハリウッド映画では、
「宇宙人は地球を侵略しにきている」
というストーリーばかりです。

なぜ、「アミ小さな宇宙人」が映画化されないのか。
それは、「宇宙人が、地球人より善人である」ことを公に認めてしまうと、
地球上に存在する「宗教」のすべてが脅かされることになるからだと思いませんか?

そして「アセンション」についても同様です。

そもそも、誰がアセンションということを言い出したのかよくわかりませんが、
おそらく、キリスト教の「終末思想」が根底にあると思われます。
詳細を語れるほどクリキンディは詳しくありませんので、
皆さんググって頂けるといいのですが、
この思想、今にはじまったものではありません。
キリスト誕生以前からあった思想で、簡単に言えば、
「いつかこの世が終わり、悪人は滅びる」ということのようです。

そう、善人は生き残るんです。
「善人」の解釈はいろいろでしょうけれど、
基本的には「宗教を信じて実践する人」ということだと思います。

つまり、宗教を利用して、人民を支配したい人にとって、
何千年も、この終末論が利用されてきたんです。
ノストラダムスもしかり、
2012年の人類滅亡論もしかり。

そもそも、「2012年12月に人類が滅亡する」って誰が言い出したんでしょうね?
よく言われるのはマヤのカレンダー説ですが、
確かに、マヤの人々は優れた暦を持っていたことはわかっています。
そして、それを研究した人が「2012年12月でマヤの暦が終わっている」と言われていますが、
現在マヤの言葉はすべて解明されているわけではありません。
「どうやら計算違いだった」という説が昨年あちこちで聞かれました。
「マヤの暦は2011年10月28日に終了していた」という説です。
この日に、人類がアセンションする、という情報がスピリチュアリストの間で駆け巡りました。
その日は過ぎましたが、特に何かが変化している様子はありませんね。

そもそも、マヤ人は「2012年に人類が滅亡する」なんて言っていませんし、
アセンションするとも言っていません。
ただ、カレンダーが終了しているだけです。

もし、もしもですよ。
この説を利用したい勢力があって、
アセンションの名目の元に、
自分たちの信じる宗教以外を信じている人たちを、
滅亡させようという計画を立てている人たちがいるとしたら。

「神の怒り」と人類に思わせるような攻撃を仕掛けるかもしれませんよね〜。
地震とか、隕石とか、異常気象とか……

あくまでも仮説ですけど。
今日は、風邪のせいで機嫌が悪いの。辛口ゴメン!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。