移住しました その3「森のトトロと仲間たち」


ここで、ちょっと時間軸は遡りますが、地震前の状況についても少し書いておこうと思います。
なにせこのブログは一応スピ系のつもりなもので…。
いろんなことが必然なんだということが少し伝わるかと思います。

まずどうしても説明しておかなくてはならないのが、
森のトトロとその仲間たちです。
この人たち無くしては、今のクリキンディはありませんし、
震災から移住に至る経緯の中で、彼らとの関わりが大きく影響しています。

そもそも、クリキンディはミュージシャンです。
年を取るにつれて、演奏活動よりも、教える時間の方が多くなってきていました。
そしてその生徒のひとりに、このブログでも何度か登場している
マドレーヌちゃんがいたんです。

レッスンが終わって疲れた顔をしていた私の腕を持つと、
「私、揉みをやってるんです」と言いながら、ちょちょっと揉んでくれました。
マッサージ大好きなクリキンディは、早速そのお店に予約を入れました。

その後判明したことですが、実はマドレーヌちゃんと私、
ちょっと珍しい型のまったく同じ車(色違い)に乗っていたんです。
そんな情報どうでもいいよ、と思いましたか?
それとも、それは奇跡だ、なにかしら縁があるかも、と思いましたか?
こんなさりげないちょっとした偶然(必然)を見過ごさないことが、
生きて行く上での道しるべになるのだと、クリキンディは痛感しています。

マッサージに通い始めてみると、
そのお店は本当にまったく、今まで通ったどのお店とも違っていました。
お店の迷惑になるといけないので詳しくは書きませんが、
ものすごく簡単に説明すると、調子の悪い場所を揉むのではなく、身体全体の通路を整えることで、
バランスよく整えていく療法、と言えばいいでしょうか。
そして行く度に何かしら新しい技が増えていて、またそこの店長である森のトトロ氏の話が面白くて、
ついには自分も弟子入りしてしまったのでした。
そこでのお話は「森のトトロの天気予報」というブログに少しずつアップしていますので、興味があればどうぞ。

この森の仲間たちとは、揉みのことだけでなく、守護霊や前世、パワーアニマルから占い、
クリスタル、アロマ精油、ホメオパシーにフラワーエッセンス、漢方医学にチャクラ、
哲学から歴史の話からドラクエまで、本当に様々な話をしました。
もちろんアセンションや放射能の話も。

え、ドラクエって?と思いました?
実は、若い頃まったくテレビゲームに興味も縁もなかったクリキンディ、
妊娠と同時にハマったのがドラクエだったのですが、これにも深い意味と人生の布石がありました。
ゲームと人生については、「あの世に聞いたこの世のしくみ」の雲黒斎さんもいろいろ語っていらっしゃいますのでそちらもどうぞ。

人生には無駄な出来事はないし、偶然に見えてすべて必然なんだということを、
実感できるようになるまで、とても時間はかかりましたが、
一度そのしくみに気がつけば、自分の人生の流れに乗っているのか外れているのか、
判断するのにあまり迷わなくなってきました。

では、そろそろ移住の話に戻ろうと思いますが、
つまり、この移住計画も、震災も、クリキンディの人生にとっては、
すべてが必然だったと感じていることが伝わったでしょうか。

そろそろお気づきかと思いますが、このブログでは放射能汚染のひどい地域にいる皆さんに、
「全員移住すべきだ」と語るために書いているのではありません。
ただ、「子供のためにはやはり移住すべきだろうか…」など迷って心を痛めている方に、
少しでもヒントになればと思っています。

(その4につづく)

☆AmazonのKindle版はこちら。Unlimited対象です。
ブログ版をかなり加筆、修正しています。


「移住しました その3「森のトトロと仲間たち」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。