「前世」タグアーカイブ

善通寺

クリキンディの母が「四国八十八ヶ所巡りをしてみたい」と言い出しました。
それも歩いて行きたいそうで……
クリ母は歩くのが好きです。
「マラソンもやってみたいわ」なんて言う「赤筋」タイプです。
普段、Door to Doorで、
車でばかり移動している「白筋」タイプのクリキンディには、
なかなかキビシイお供になりそうなので、実現はかなり先のことになりそう。

以前、車で四国を訪れたことがあるクリキンディ、
とても気に入ったお寺があったことを思い出しました。

「いくつかまわったうち、すごくいい気の場所だなぁと思ったお寺があってさ、
えーと、あの、あれあれ…なんだっけな。あの、有名なお坊さんがいるじゃん…」

得意の「ド忘れ」です。

母「弘法大師?」
クリ「そうそう!その弘法大師の縁のお寺で、えーと、なんだっけな。」

ド忘れ連発です。

こんな時は、携帯で「四国 八十八ヶ所 弘法大師」と検索をかけます。
記憶回路の錆び付いた私のような人には、ほんとに便利です。

クリ「善通寺!!ああスッキリしたわぁ。善通寺は、すごく気持ちのいいお寺だったよ〜!」
母「へ〜、そんなお寺聞いたことないわ」
クリ「え?まじで?神社仏閣大好きなのに、知らないの?有名じゃん!」
母「そうなの?知らない」

待てよ……
なぜクリキンディは善通寺が有名なお寺だと知っていたんでしょう?

訪れた時には、ガイドブックも何もなく、訪ねようと思っていたわけでもなく、
お寺の存在自体を知りませんでした。
たまたまドライブ中に通りかかって「善通寺」の看板を見て、
有名なところだから、ちょっと寄っておくか…と思った記憶はあります。

弘法大師がどんな人なのか、知識すらなかったんです。
今思えば不思議です。

これって……
やっぱり過去生の記憶…?

そういえば、クリキンディ、あの時、すっかり弘法大師のファンになっていました。
過去生じゃないとしたら、見えない誰かが寄り添って連れていってくれた、ってことかも…?

では、今度は歩いて八十八ヶ所巡りできますように!

人気ブログランキングへ←ブログの八十八ヶ所めぐりならできるかも…

富士山に登れない理由

最近秋晴れの日が続いています。
どこまでも晴れ渡った空を見ていると
「ああ〜!飛行機に乗りたい!」という気持ちになるクリキンディです。

海外にしょっちゅう行っている友人がいます。
ほとんど行ったことのない国はないんじゃないかというほどなんですが、
「エジプトにはまだ行ったことがない」と言うので、
めっちゃびっくりしちゃいました。

というのも…
この友人が、過去生でエジプトに縁があったと感じていたからでした。

クリキンディ、霊感はないに等しいし、オーラも見えないし、な〜んの能力もありませんが、
なんとなく、その人の過去生はわかるんです。
なんとなく、ですよ。
それに、これは特殊能力じゃなく、誰でもできることです。
○○さんって、なんか僧侶っぽいよね、とかお姫様っぽいよね、とかいうレベルです。

まぁ、そういうわけで、エジプトに関わりのあったと思われる友人が、
あんなに海外に出かけているのに、なぜかそこだけ避けるように旅していた、
ということがわかり、びっくりしたのでした。

その時一緒にいたスピ友曰く、
「縁が深過ぎるから、今そこに行くと引っ張られ過ぎちゃうのかも」と予想。
つまり、自分の記憶になくても、なにかしらの課題を残していたりするので、
変に反応しちゃって、体調をくずしたりすることが多く、
だから、特に何も考えていなくても、自然にその場所を避けているのかも、という話になったのでした。

これは、現世でのトラウマを例にとるとわかりやすいのかも。
例えば、何か事故にあって怪我をした場所があるとすると、
そこがとてもいい場所だとわかっていても、なんとなく行くのを避けますよね。
身体と心の傷を癒して、はじめてその場所を「楽しく」訪れることができる、
というのと同じなのかもしれません。

そんな話をしていて、クリキンディも気付いちゃいました。
旅好きなクリキンディ、
日本国内は、ほとんど行ったことのない場所がありません。
いや、すべての観光地を網羅しているわけではありませんが…
とりあえず、各県、最低一度は訪れています。(通っただけ、とかじゃないですよ〜)

ですが、富士山には近づいたことがないんです。
そう、山梨県には行ったことがないんです。
新幹線や飛行機から見る富士山は大好き!なんですけどね〜?
なんかあるんでしょうかね…?

皆さんも、「なぜか縁のない場所」ありませんか?

人気ブログランキングへ←まさか、このブログに縁がない、なんて言わないですよね…?

エキストラ

クリキンディの息子が、映画のエキストラに参加しています。
朝早くから拘束され、(そんなに早起きできるなんて知らなかったぞ!)
着慣れない衣装を着て、汗だくで演技して、(歩くだけ!)
ギャラはTシャツ一枚!!(息子はお弁当目当てに行っているようですが…)

しかし、撮影現場を見られるなんて貴重な体験、なかなかできません。
クリキンディも参加したい〜!けど今回の募集は「男子のみ」でした…。

今回の映画は、時代劇のリメイクのため、
それなりの衣装を着て、わらじを履き、刀や槍、鉄砲を持たせてもらえます。

普段から、浴衣や甚平を着るのが好きで、下駄で歩いている息子には、
かなりしっくり来るスタイルのようです。

ん…?
なんでしっくりきてるんだ?
ってか、なんで普段から下駄履いてるんだ?

息子はおそらく、江戸時代の過去生を持っているのだと思います。
だから、なんとなくしっくり来ちゃう!
自分で気付いていないけれど、「知ってる」んでしょうね、わらじの歩き方とか。

皆さんも、「教わっていないのに(もしくはちょっと教わっただけなのに)簡単にできちゃった」
なんてことありませんか?

それは過去生で「さんざんやってきたこと」なのかもしれませんね!

人気ブログランキングへ←毎日ポチッとすると、未来世でもクリックが上手になる…?

恋するイルカ

こんばんは、イルカに乗った少年(by城みちる)じゃなく、
イルカになっちゃったクリキンディです。
ネタが古過ぎてわからない方、ごめんなさい。

<ここで会ったが○百年目>
<ここで会ったが○千年目?>のつづきです。

セルフヒプノセラピーで、なぜかイルカになり、深海を泳いでいるうちに、
大型のUFOが、停泊しているところに行き当たったクリキンディ。

「アミ小さな宇宙人」シリーズを読んだことのある方ならおわかりかと思いますが、
海底や地中などに潜るタイプの宇宙船というものがあり、
様々な活動をしているらしいです。

しかし、いったいこれっていつ頃の時代なんでしょう?
アトランティス時代の記憶を持っている方は、
イルカだった過去生を持っている人も多いようなので、
まぁ、そんな時代、ということにしておきましょうか。

好奇心いっぱいのイルカのクリキンディは、
宇宙船の窓から内部を覗き込みました。
そこに…
いました、ひとめぼれしちゃった彼が。
宇宙船の乗組員である彼は、人懐っこそうなイルカに気付いてくれました。

ん…
なんか聞いたことあるな、こういう話。


「人魚姫か!」

イルカのクリキンディ、すでにこの時に彼に「ひとめぼれ」したようです。
しかし、物語のような悲劇ではありませんでした。

彼は、深海でも泳げるスイムスーツを着て、
クリキンディと一緒に深海を泳いでくれました。
テレパシーでの会話もできたようで、
この時、ふたりは本当に仲良しだったんだなぁ、と感じられるイメージでした。

あら、ちょっと待って〜
お侍さんとかエジプトとか、そういうのは、どこいっちゃったんでしょう?

はい、ちゃんとその後にも二人は出会っていました。

エジプト時代、彼は兵士ではなく、ブレインとしての立場でファラオに仕えていたようです。
クリキンディの方が戦士でした。
そこでもふたりは親友であったようです。

そして、中世ヨーロッパでも、一緒だったことがありました。
クリキンディは音楽家の男性で、宮殿のような場所でハープシコードを弾いています。
彼は執事のような仕事をしていたようです。
この時もふたりは、馬が合う、よい友人であったんでしょうね。

そして江戸時代、
彼とクリキンディは幼なじみでした。
この時代はクリキンディが女性として生まれたようです。
しかし、ふたりの関係は、この時も恋愛として発展したわけではなく、
ふたりとも、同じお殿様に仕える仲間として生涯を送ったようでした。

クリキンディの「過去世を探る旅」はいかがでしたでしょうか?
〜エンドロール〜(壮大な音楽付き)


いや!だから〜!
「ひとめぼれ」ってのは何か前世に縁があるからなんじゃないの?
という疑問から始まった過去生探索なのに、
結論が出てないし〜!

最初から「ひとめぼれ」してるし!!
まぁ、さっぱりわけのわからない結末となりましたが、
こうして冷静に見てみると、
今後もやはりふたりが恋愛関係に発展する見込みはなさそうですね。
でも、彼のことはこれからも、人として「大好き」という気持ちでいられそうです。

今回もまた長いお話にお付き合い頂き、本当にありがとうございました!

人気ブログランキングへイルカを優しくなでるつもりで押してください〜

ここで会ったが○千年目?

こんばんは、中学生みたいな気分で片思い中のクリキンディです。
「ひとめぼれ」って前世の影響があるんじゃないかな〜という話
<ここで会ったが○百年目>のつづきです。

彼を見ていると、お侍さん、エジプトの人、のイメージは出てくるけれど、
もうちょっと詳しく、私と関わりのあった前世があれば知りたいなぁ、
そう思って恒例のセルフヒプノセラピーを試みてみました。

え〜、クリキンディは、セラピストでもヒーラーでも霊能者でもありません。
だから、このイメージが本当のことなのか、勝手な想像なのか、誰にも証明できません。
…証明できたら面白いんだけどね〜!
(ちなみに人気ブログ「僕のアニキは神様とお話ができます」では、その証明を試みていますよ〜)

さて、前置きはここまで。
ヒプノセラピーでは、過去生を探索する時に、
自分の潜在意識を深く知るため、階段を下りる、というイメージをするのですが、
今回の階段は、途中から水が溜まっていて、なかなか降りて行けませんでした。

うわぁ、こんなイメージはじめて!!
仕方ない、ドラえもんの道具に水中で呼吸できるものがあったはず〜、
それをくわえるイメージをして、水中に潜っていきます。

階段を降り切ったところで、自分にとって心地よい部屋をイメージするのですが、
もうそこは完璧に水槽になってます。
気付くと、クリキンディはイルカになっちゃってます。
いやぁ、泳ぐの早い早い!!この水槽じゃ狭いよ〜!

そこで、扉を開けて出た場所は、ほとんど太陽の光の届かない「深海」でした。
いやぁ、やっと広い海に出られたよ〜、
という気分で泳ぎ回っているのですが、
ちょっと待って〜〜
私は、片思いの彼との過去世を探っているはずなんだけど…?

そこで目に入ったのは、
大きなUFOの母船が海底に停泊している映像でした。

なんすか、それ……?
だんだんわけがわからなくなってきました。

つづきます。

人気ブログランキングへ恋するイルカに応援の「ぽちっ」をお願いします。