縄文vs弥生


今日ラジオでEPOが「ローフード」を話題にしていました。
「ロー」つまり「生」ですね。
食品の酵素は、高温で破壊されてしまうため、
生もしくは、温度の低い料理法で食べるのが、
健康によいと言われてるそうな。

スピリチュアルを意識している方は、
有機農法や無農薬栽培などにも興味のある方が多いと思います。
農薬や肥料に頼るのでなく、
その植物のもともと持っている力を引き出すことにもなり、
身体にも心にも、そして「舌」にもオイシイ!
自分で栽培、プチ農業を始める人も多いですね。

ですが、インディアンの前世の影響の強いクリキンディ、
どうしても畑に興味が持てないんです。

「栽培」するということは「土地を所有する」ことでもあります。
インディアンは、基本的に狩猟民族です。
土地を所有するという考えがないんです。(すべての部族がそうとは言い切れないようですが…)

その日、自分と家族が食べるために必要な、
海の恵み、山の恵み、川の恵み、森のめぐみ、
それらを分けて頂く。
とても、動物的だと思います。
基本的に「明日食べるもの」の心配をしないんです。

ですが、農業は、今食べることではなく、
「数ヶ月先に食べること」を基本としています。

日本の歴史で言えば、
縄文時代と弥生時代の違い。

現代の日本は、弥生スタイルの発展ですよね。
なんだかうまく言えないのですが、
いろんなことを突き詰めて考えていくと、
もしかしたら、縄文スタイルの方がいいんじゃないかと思えてしまうのです。

もし、縄文スタイルで、人類が発展していたとしたら、
どんな世界になっていたんでしょうね〜?
自然を壊すことなく、
必要なものをみんなで分け合って、
過去や未来に生きるのでなく、
「いまここ」に生きることができる時代になっていたりしないかなぁ。

「アミ小さな宇宙人」の、アミの母星って、
縄文スタイルの進化系のような気がするのはクリキンディだけでしょうか。

地球は、大きな実験場という説もありますよね。
もし、あなたが神様なら、どんな実験したいですか?

人気ブログランキングへ←神様!ボタンを押してください!


「縄文vs弥生」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。