戦争したくない人この指とまれ


あららら、ついこの間、世界を震撼させるテロ事件の後だというのに、
フランスのシャルリーエブド社(週刊誌です、新聞社じゃないです)が、
こんな表紙を出しちゃったんですかぁ……

スクリーンショット 2015-01-18 21.23.05

この件について、どうやらテロじゃなく、偽旗事件らしい、ってことに気付いている人も多いようですが、まだまだメディアに踊らされている人もたくさんいますよね。

ここからはクリキンディの勝手な想像です。
フィクションです。
実在する団体とは一切関係ありません。
だから、完全なる創作だってば……



オレは武器商人、世界中に武器を売って稼いでるんだぜ!
でも、世界が平和になってしまうと誰も武器を買ってくれなくなってしまうだろ、なんとか売上げを落とさないために、一生懸命営業してるんだよ。

みんなもそうだろ?商売やってる人ならみんなわかるはず。
去年より数パーセントでもいいから、売上げを伸ばさないと、昇進できないからな。

そこで、Aという国に営業に行って、
「Bという国の〇〇さんが、お宅の悪口言うてまっせー。うちはA国の味方でっせー」
って言っておく。

次にBという国にも営業に行って、
「Aという国の〇〇さんが、お宅の悪口言うてまっせー。うちはB国の味方でっせー」
って言っておく。

人間は、一度「あいつイヤなやつだなぁ」と思ったら、もうなんでも疑わしくなるだろ、だんだん「キライ」がエスカレートするように、たまーにイヤな情報を流しておくのも大事な仕事さ。

うまくケンカが始まればこっちのもの。
武器がバンバン売れ始める。

なかなかケンカを始めてくれない国も結構あるんだよな、
そんな時は、「大義名分」を作って差し上げるのさ。
例えば、真珠湾に奇襲をかけるとか、ニューヨークのビルに飛行機突っ込むとか…
本当にやらなくてもいいんだよ、
そういう報道をして、みんなが「なんてあいつはひどいことするんだ!これは報復に値する!」
って思ってくれたらオッケー。

こういう作戦を練ってる時間が結構楽しいんだぜ。
どの役者に頼もうか、どんな役をやってもらおうかーって。
それで、うまいことみんなが信じて、盛り上がってくれたら、もう笑いが止まらないぜ!

今回もうまく行きそうだな。
襲撃役の役者と殺される役のやつには、たんまり報酬払って逃がしてやったし、
襲撃された国の人は怒り心頭で大きなデモ行進になったし、
各国のお偉いさんのそっくりさんに集まってもらって、別な場所で撮影した映像を見て、みんな「あんなおエラいさんたちがデモの先導してる!」って勝手に思ってくれただろ?

だめ押しで、週刊誌にはもう一役買ってもらって、
敬虔で穏やかなイスラム教の人たちが「なんて人で無しなイラストを載せるんだ!」って怒りたくなるようにしておいた。
やっぱりケンカは両方に怒ってもらわないとな、
武器が2倍売れるだろ?
これで昇進間違いナシ!

今回は、C国やD国まで出て来たよな。襲撃された国の支援をするって宣言しただろ。
まぁびっくりするほどのことでもないけどな。
あらかじめC国には、売上げの一部を裏で渡す手はずがついてるしな。
そもそも、オレはD国のおエラいさんの親戚に当たるのさ。今度の台本もD国の人と一緒に計画練ったから当然だね。

ていうか、これ、絶対ケンカ始まるだろ?
ここまで金かけて準備したんだからさ、平和的に話し合いで解決、とかそういうのヤメてくれよなーー!!


こんなストーリーの映画があったようななかったような…?
だからフィクションだって言ってるでしょ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。