冷凍睡眠(コールドスリープ)はあの技術ととてもよく似ている


ちょっと前の話ですみません、
大好きな番組「やりすぎコージー」の関さんコーナーで、冷凍睡眠の映像を紹介してましたよね。
ものすごいお金持ちの人が、何人かすでにカプセルに入っていて、その中には日本人の女性もいらっしゃいました。

具体的にどんな温度で、どんな処理がされていれば生き返る事ができるのかよくわからないけど、
未来に大きな期待を持って冷凍されたんでしょうね。

じゃあ質問です。
冷凍睡眠の人は生きているの?死んでいるの?

現代医学だと呼吸があって心臓が動いていれば生きてるってことになるのかな?
んん、いや違うか、「脳死」で臓器提供とかする場合もあるから、
……
……
ちょっとググってみた。
日本の法律では、臓器提供の意思表示をした人が脳死判定になるらしい。

冷凍睡眠の人の脳波は反応してるのかな?
心臓は動いているのかな?
冬眠状態ならなんとなく理解できる。

じゃ、もひとつ質問。
冷凍睡眠状態から目覚めても人格を保って生きている人っているの?

もひとつ質問を重ねてみる。
エジプトの王族たちは復活を願ってミイラ処理をしたんだけど、
生き返った人っているのかな?

あの時代、とにかく肉体が腐敗しないようにいろんな処理をして、包帯ぐるぐる巻きになってますが、
内臓や脳は腐りやすい事がわかっていたので、体から取り出して壺に入れたらしい。
ミイラ時代、脳は「鼻水を作る器官」だと思われていたんだって。

でもきっと、未来の技術で生き返ることができると信じていたからやったんだよね。
とても似てるなぁ。
古代エジプトの人たちの気持ちがちょっと想像できたかも。

そもそも、「生命」を作り出すことすらまだできない私たち。
魂がどんなものなのか、それもわかってないのに、
細胞さえ壊れなければ生き返れると思っていることの方が不思議。

ちなみに、冷凍睡眠についてネガティブな意見で有名なものとして、
未来の子孫たちが受け入れることをあまり喜ばないであろう、という話があるけど、
私は話が聞いてみたいなぁ。
織田信長とかマリーアントワネットとかツタンカーメンとかね、
目覚めたらインタビュー責めしたいよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。