月間ムー創刊40周年!40年で何が変わったのか


月間ムーという雑誌を読んだことがある方も、そうでない方もこんにちは。
ムー40周年を記念しての「ムー展」が福岡パルコで見られると聞き、早速訪れてみました。


パルコにいるというよりは、どこかの大学の学祭に迷い込んだようなわかりにくい入り口を入ると、きれいなお姉さんがひとりで受付をしています。
ちょっと不機嫌そうなのは、私がおばちゃんだからだと思います。イケメンじゃなくてごめんなさい。

受付でお金を払うと、フィルムケースのようなものを渡されました。
なにかと思ったらおまけのラムネ(コーラ味)だそうです。
なぜラムネ…w

気をとりなおして展示物を見てみました。
創刊当初のエピソードがわかるような読み物があったり、
今までのすべての表紙絵が壁一面に貼られていたり、
いくつかの記事がカテゴリ別にピックアップされて読めるようになっていたりします。
老眼のおばちゃんには結構辛い感じでした。

ハヅキルーペを持っていないおばちゃんは、それでも頑張って読みました。
UFOネタやスプーン曲げ、ツチノコやイエティ、宇宙人や彗星など、本当につくづく40年前からとりあげるネタがほぼ変化していないっ!www

そして創刊1号の表紙のエロいことエロいこと!
完全にこの本のターゲットが男子であることがうかがえます。
ええ、つまり私は相当、中身がオヤジだということになりますね。www

今日はなんだか自虐ブログになっちゃってますが、ちょっとまじめに感想を言うと、
月間ムーで今までに取り上げられた内容は、「常識的に考えたら理解できないこと」ばかりなんですね。
いったい何がどうなってスプーンが曲がるのかとか、みんなが見えないものを見える人がいるってどういうことなのかとか。

マジックのネタを知りたいというのととてもよく似ています。
Youtubeの時代になって、マジックのネタバラシが横行しているので、マジシャンは大変だなと思いますが…
ムーで取り上げるネタには、ネタバラシがほぼないんです。

結局、超能力ってあるの?ないの?
UFOって宇宙人の乗り物なの?そうじゃないの?
ネッシーって本当にいるの?いないの?
タイムマシンってあるの?ないの?
アポロは本当に月に行ったの?行ってないの?
火星へのジャンプルームってあるの?ないの?

例えば、ネッシーの有名な写真については、
「すいません、私が捏造しました」という人が現れたし、
イギリスの麦畑の「ミステリーサークル」は
「すいません、私がこうやって麦を踏み倒しました」という人も現れてる。
なのに、まだスッキリできないような謎が残っていて、ちゃんと解明できたためしがないっ!
もう40年間、ずっとう◯このキレが悪くてスッキリしない感じです。

だからこそこの雑誌が長寿を保てたと言えるのかもしれませんが、そろそろ本当のことを知りたいと思いませんか?
日本では平成が終わり、新しい時代が始まろうとしています。
占星学的に言えば、すでに魚座の時代が終わり、水瓶座の時代に突入しています。
きっと私がまだ生きている間に、これらのいくつかの謎が解けるんじゃないかなと期待してます。
ムーで取り上げるネタの内容も、41年目から徐々に変化していくんじゃないかなぁと思うのですが、どうでしょうね〜?

あー最後に、「ムー展」はこの後、他の地域もまわるのだと思われますので、見に行こうかなと考えていらっしゃるなら、
MUGENJUのサイトを見てからの方が楽しめると思います。
それから、TV「超ムーの世界R」も見ている方なら、
各業界からのお祝いメッセージを書いている方々の顔が浮かんできて、ちょっとニマニマできるはずです。

つまり、正直に言えば、本を読んでないとか、編集長の名前を知らないというような方には、おそろしく物足りない展示だということです。www


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。