第73世竹内宿禰の訃報


竹内宿禰という名前は歴史好きの方ならご存知ですよね。
記紀に登場する超長生きの忠臣で、天皇に五代に渡り仕えたという伝説の人物です。

竹内宿禰を祀った神社もありますし、
明治〜大正〜昭和初期にはお札の肖像画にもなっています。

世間的には偽書と呼ばれている竹内文書というものもあり、
とても謎が深く、興味深い人物なのですが、
なんと「竹内宿禰は世襲制である。私はその73代目です」
という人物がいらっしゃいました。

それが竹内睦泰(たけうちむつひろ)さん。
予備校で日本史を教える人気講師でもあり、
古神道本庁の代表でもあり、
Youtubeで様々な日本の秘密を暴露してくれる時には
「むっちゃん」という愛称で呼ばれて愛されていました。

2016年にYoutubeの公開収録があり、観覧させていただいた後には直会(なおらい:とむっちゃん先生がおっしゃった!)にまで参加させていただき、
直接お話しもさせていただいて楽しい時間を過ごさせていただきました。

その時に、むっちゃん先生の腕時計がとても素敵だったので写真を撮らせていただいたことが懐かしく思われます。

令和2年の1月13日、むっちゃん先生の訃報が届きました。
ブログやYoutubeなどの投稿もつい最近まであったので、お元気だとばかり思っていたので本当に驚いています。

この激動の時代に、とても大切なお役目を担っていらっしゃった方だと思いますので、そのお役目を全うされたのかもしれませんね。
もっとたくさんお話を聞きたかった…と、一ファンとしては残念に思いますが、これまでにむっちゃん先生が残してくださったものを無駄にしないためにも、もう一度著書を読み直そうと思います。

ご冥福をお祈りします。

☆むっちゃん先生についての過去記事もよろしければどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。