デリケートな、あそこの話


ここのところ、ちょっとおまたあたりの調子がいまひとつです。
いきなりシモの話題でごめんなさ〜い!
まぁ、調子悪いと言っても、そんな大げさな話しじゃないんですが、
要するに、ちょっとかぶれちゃったりするんですわ…。

で、最近、巷で時々見かけるようになってきた、
「布ナプキン」ってご存知ですかね?
クリキンディは、まだ使ったことがありませんが、
使っている友人の話しを聞くと、
「とっても調子がよくなった!」とみんな言うんですね〜。

市販の生理用ナプキンと、いったい、何が違うんでしょう?
どうも、素材に問題があるらしいのです。
その材料は、中身のほとんどが、石油から作られたものなのだそうで、
紙じゃありません。
よくよくパッケージを見ると、
ポリエチレン
ポリエステル
ポリピプロプレン
などの文字が並んでいます。
「コットン風」の肌触りをうたった商品は多いですが、
本当のコットンを、使い捨ての商品に使うとなると、
ベリベリ高価になりそうですもんね。

そこへ、なんちゃらポリマーとか、香料とかが入り、
漏れをふせぐために、防水されて、通気性の悪い素材を、
デリケートゾーンに使っていれば、
かぶれもするし、経皮毒だって半端ないはずです。

そして、付け加えるならば、
タンポンの素材も似たようなもののはずです。
これを内部に挿入することを考えたら、
さらに、ダメージが大きそうです。

一日も早く、布ナプキンに変えた方がよさそうに思えます。
だけどね〜、
使い捨てに慣れてしまった現代の私たち。
外出先で、汚れた布ナプキンを持って帰る、って考えただけで、
二の足を踏んでしまいます。

いつか、チャレンジできた暁にはご報告しますね。

もうひとつ、気になることがあるんですが……
エコな商品だと思って使っていた、
「再生紙のトイレットペーパー」
大量の漂白剤を含んだ紙で、毎日何度もデリケートゾーンをなぞるって、
実はものすごく身体に悪いこと、ですよね、きっと。
そりゃ、かぶれますよね。

エコロジーって、難しい……

人気ブログランキングへ←女性の皆さんのみならず、男性の皆さんも、大切なパートナーのために、ポチッとして、危険性を知らせてください〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。