グラディエーター

こんにちは、「スポーツ音痴」確定のクリキンディです。
先日久しぶりにボーリングをしましたが、やっと80点でした…。

今日は、あまり思い出したくない過去世の話です。
<スポーツの本当の楽しみ>のつづきです。

今回の記憶は、かなり曖昧です。
リーディングでもなく、ヒプノセラピーでもなく、
あるドラマを見ている時に、「もしや?!」と感じただけなので、違うかもしれません。
というか、むしろ違うと願いたい……。

そのドラマとは「花より男子」。
見たことのない方もいるでしょうから、簡単に説明しますと、
ある貧乏な女の子が、超セレブな学校へ進学し、
その学校のトップに君臨している4人組の男子と、はじめは戦い、やがて理解し合っていく、という青春ドラマです。

その主人公の女の子が、全校生徒に囲まれて、陰湿ないじめに合う、というシーンを見ていた時、
クリキンディは、
「あ〜あ、なにやってんの?そこにあるパイプ椅子を振り回せばいいじゃん!」
と思いながら、イライラして見ていました。
ん?
なんですと?
パイプ椅子をふりまわす?
なぜそんな具体的な攻撃を仕方を考えているんだ、私…?

勝負ごとが嫌いなクリキンディ、
もちろん格闘技なんてもってのほかです。
思い切り攻撃色の自分に気がついて、愕然としました。

しかし、思い当たることがありました。
小学生の時、
自分の2倍ほど体重のありそうな男の子とケンカして、取っ組み合いになり、泣かせるまでやっつけたことがあります。

また、その頃小学校の机はふたが取り外せるようになっていたのですが、
厚みが2cmほどもあるその板で、思い切り男子の頭を攻撃したことがあります。
あの頃、自分にさほどパワーがなかったからよかったものの、
あの時、子供のクリキンディはまったく手加減しなかったのです。
力があったら、たぶん彼は死んでいたか、障害が残ったでしょう。

今ではあまり見ることはありませんが、
死にものぐるいで戦っている夢も時々見ていました。

つまり…
格闘家であった過去生があったのではないか…
ということに思い至ったわけです。

歴史上よく知られているものが、
ローマのコロッセオで戦ったグラディエーターでしょうか。
いろいろなパターンがあったようですが、
基本的に、その試合は命をかけて行われました。
敗者に残された選択は「死」です。

自分が生き残るためには、勝つしかないのです。
そこに手加減はありません。
観客のことなんか、どうでもいいのです。

そして、それを見て興奮する観衆たちがいた時代。

そんな時代から、まだ2000年しか経っていないんです。
そりゃ、いろんなところに影響出ますよね。

「勝負」というものに、心躍る人たちは、こんな時代をくぐり抜けてきた人かもしれないわけです。

そして、クリキンディが勝負事に対して嫌悪感を持つのも、
グラディエーターの経験があるから、と思えば、なんとなく納得。
もう、あんな殺し方をするのも、殺され方をするのも懲り懲りだ〜!
と心の深いところで感じているのかもしれません。

ま、いつものことですが、あくまでもクリキンディの勝手な想像です。
ぜんっぜん違うかもしれないし!

重たい話にお付き合い頂きありがとうございました!!

人気ブログランキングへ

スポーツの本当の楽しみ

子供の頃、通信簿の成績は悪くなかったのですが、
体育は、なかなか5をもらえなかったクリキンディです。
ドッジボールをすれば、あっという間にやっつけられ、
バスケでは、オウンゴールし、
野球では、誰もいない一塁に送球、
バレーボールでは思い切りこけて死にそうになるし、
マラソンでは、途中の山に隠れて走らなかったり、
水泳の授業後は保健室で寝ていたり…

ぶあはははは!
こうして書き出してみると、ほんとにクリキンディは、運動の才能ないっすね〜!

さて、クリキンディは、自分が苦手だから、ということとは別にして、
スポーツ全般を鑑賞、応援するのも好きではありません。
なぜなら、そこに「勝敗」があるからです。

なぜ、優劣を決めなくちゃいけないんでしょう?

どんなに努力しても、しなくても、経過がどうであれ、
「勝つ」ことが最優先される世界。
自分が(もしくは自分の所属チームが)勝つということは、
相手が負ける、ということです。

これは、スポーツに限らず、
受験などでも同じですね。
神社などで「○○校に合格しますように」と願うのは、
「私以外の誰かが不合格になりますように」と願うのと同じことだと思うのです。

ちょっと言い過ぎですね…ごめんなさい。
でも、自分の中で、とても違和感があります。

先日放送されたアンビリバボーの「感動シリーズ」は、
高校野球の有名高校で、大きな大会の前に、行われたある行事についての内容でした。
ご覧になっていない方のために、軽く説明しますと、

強い野球部には、優秀な選手、または野球にかける情熱の強い子供たちが入部してきます。
つまり、レギュラーの座を勝ち取るのは、とても大変だということです。
大きな大会を前に、レギュラーおよびベンチ入りすら果たせなかった3年生のために、
何かしてあげられることはないか、と野球部の顧問が考えたのが、
同じような野球の強い高校との、引退記念試合でした。

3年間ではじめて背番号をもらう生徒もいます。
もちろん勝負をかけて試合をすることに変わりはないのですが、
これに勝ったら次がある、というわけでもなく、
なんというか、選手たちが、みんな「大好きな野球を思う存分やれる!」という雰囲気に満ちているのです。

ここでは相手を蹴落とそうとする選手はいません。
だって、相手チームも、自分と同じように、ベンチ入りすらできなかった仲間なのですから。

こんな和気あいあいとしたスポーツなら、
クリキンディも応援しようかな、という気持ちになります。
もちろんその応援は、チームの勝ち負けに対してではありませんよ〜。

いつの日か、人類は「勝負」しなくなる日がくるのでしょうか?

この話、これで終わりにしようと思っていたのですが、
もうちょっと書いておきたいことが残ってます。
それは、クリキンディの過去世の記憶。
どうやら命をかけて勝負していた時代もあるようなのです…。

「グラディエーター」につづく

人気ブログランキングへランキングってのもまぁ勝負事と言えますね…

身体が求める色

031384
身体には「チャクラ」ってのがあって、
それぞれを象徴する色がついている、ということはクリキンディも知っています。
チャクラって、東洋医学でいう「つぼ」みたいなもんなのか?「経絡」ってのと関係あるの?
と言っちゃうくらい、全然わかっていませんが…。

Wikipediaによれば…

「ヒンドゥー教のヨーガでは、人体の頭部、胸部、腹部で、輪または回転する車輪のように光っているように感じられる箇所を言う。数は6または7箇所と言われるが、それとは別に8箇所あるという説もあるなど、一定ではない。」

「光っているように感じられる」人じゃないとわからないじゃないですか〜。
自慢じゃないですが、クリキンディはオーラだって見えないんですよ!(逆切れ)

でもね…
見えないからと言って、感じていないとは限らない、
というお話をしたかったんです。

皆さん、「好きな色」ってありますよね。
それは、洋服の場合なら○○色、
家具だったら○○色、
文房具なら○○色、
車だったら…
というように、微妙に違いはあるかもしれませんが、
それは、自分の身体が「欲しがっている色」であることが多いそうです。

たとえば、
「今日はなんだかオレンジ系の洋服を来たい気分だなぁ」
と思う時は、胃腸が弱っているのかもしれません。

「今日は水色のネクタイにしよう」
と思う時は、大事なプレゼンを控えている時かもしれません。

クリキンディは占い師でもなんでもありませんよっ。
チャクラの色にあてはめて考えてみただけです。

諸説ありますが、チャクラの色は、こんな風に感じられるらしいです。

おまたのあたりが「★赤
子宮のあたりが「★ピンク★オレンジ
胃のあたりが「★オレンジ★イエロー
ハートのあたりが「★グリーン
喉のあたりが「★水色★青
眉間が「★インディゴ(藍)★紫
頭頂部が「☆白」
※さらにその外側に、シルバー、ゴールド、レインボーなど見える人もいるそうです。

それぞれのチャクラが担っている役割分担は
なんとなく想像できますよね。
つまり、どこか弱っている場所、もしくは、さらにエネルギーを必要としている場所に
対応しているカラーが、
「なんとなく欲しくなる色」ということになります。

クリキンディの場合、
部屋に飾ってある写真や、ポスターなどはほとんど「青系統」です。
さらに、観葉植物の鉢が、部屋の中だけで13鉢、
ベランダにさらに13鉢あります。
(わわ!数えてみてどっちも13ずつだって気付いた〜!)

クリキンディは、喉からハートにかけて弱っている、
もしくは、もっともっとたくさんのエネルギーを欲している、ということになりますね。f^_^;
確かに、リーディングする方に「ハートチャクラが弱いなぁ」と言われたこともありますし、
クリキンディは職業上、とても喉を酷使しています。納得です。

この「なんとなく」惹かれる色、
それこそ、自分の心のコンパスが指し示している、ということに他ならないですよね。
世間の常識や他人の意見に左右されない、自分の本音、心の声、
それが「なんとなく」に、ちゃんと表現されているんですよね〜。

皆さん、自分の好きな色は、どのチャクラが欲しがっている色でしたか?
ちなみに…
「黒い服や家具が多いなぁ」という人は、腰が悪い人が多いらしいですよ。

人気ブログランキングへランキングボタンを押して頂くと、クリキンディのハートがエネルギーチャージします。

ハッピーorアンハッピー あなたはどちらのタイプ?

今日は、友人たちと一緒に
ハッピーorアンハッピー実験をしてみました。

お料理のおいしい居酒屋さんで、
今、「ハッピーだと思うこと」を順番に言ってみよう〜!

「普段メニューにない”筍”がおいしいからしあわせ〜!」
「今日の飲み代が払えるお金が、財布に入っているからしあわせ〜!」
「気の合う仲間と楽しいおしゃべりできてしあわせ〜!」
「こうして飲みに出ることを許してくれるダンナがいてしあわせ〜!」
「食べ終わったお皿を自分で洗わなくていいからしあわせ〜!」

次に
今、「アンハッピーだと思うこと」を順番に言ってみよう〜!

「ちょっと筍が固くて残念〜」
「帰りが遅いって、あとで親に言われるからアンハッピー」
「明日の仕事が朝早いから、思う存分お酒を飲めなくてアンハッピー」
「私はお酒を飲めないのに、割り勘で損する気がしてアンハッピー」

他にもいろいろ出ましたが、忘れちゃいました。

今、目の前にある状況を「ハッピー」と受け取るも「アンハッピー」と受け取るも
その人次第なんですよね。

面白いなぁと思ったのは、
「ハッピー」ゲームの方がサクサク言葉が出る人と
「アンハッピー」ゲームの方がどんどん言葉が出る人と、くっきりわかれたことです。
普段、自分がどちらよりの思考で生きているのか、
傾向をさぐるのにいいかも〜!

みなさんもやってみてね!

人気ブログランキングへ

運命の人の見極め方

このブログを立ち上げてからようやく1ヶ月が経ちました。
顔は見えないけれど、読んで下さる方がいる、ということがとてもうれしいです。
子供の頃から、文章を書くことが好きだったクリキンディですが、
mixiのような、リアル友人が読んでいるブログには、なかなか思い切って書けないこともたくさんありました。
ここでは、思い切っていろんなことを表現できるので、楽しい〜〜〜!

さて、今日は恋愛の話です。
クリキンディの友人に、バツイチ、子持ち(2人)という人がいるのですが、
新しい彼氏ができ、赤ちゃんもでき、今では5人で仲良く暮らしています。
その彼女が「オトコを選ぶ基準」として教えてくれたのが、
「彼の子供を生みたいかどうか、そして、彼を介護できるかどうか」でした。

ああ、そうかも、そこまで思えてはじめて「結婚」という気持ちになれるのかも、
と思える納得のコメントです。

男性の友人から「結婚相手を選ぶ基準」の話も聞いてみました。
「うーん、そのひとと、一生セックスしたいかどうか、かな。」
こりゃまた、ストレートなご意見です。
まぁ、「浮気するのが男の本能」だと仮定するならば、
「ひとりの女性と一生セックスしたい」というのは、とても、まともなような気もします。

クリキンディも、ひとつ基準を考えてみました。
これからやってくると言われている「アセンションの時代」を一緒に眺めたいと思える人。
それが、私にとって「運命の人」を見分けるひとつの基準かもしれません。
今、思い浮かぶ男性がひとり、います。
それは…


愛する息子で〜〜す!
ええ、クリキンディはまぎれもないバツイチです!
あれれ?告白文になっちゃったよ…。

皆さんには、自分の運命の相手かどうか、見極める基準ってありますか?

人気ブログランキングへ

心のコンパスに従って生きていたら、いろんなことが見えてきました。