両面テープを一番キレイにはがしたものは…


あー!疲れた!!
だけど、この努力は記録しておかないと。


うちのLANケーブルは、家の間取り上、どうしても扉の下を通すしかなくて、
仕方ないので、上記のようなケーブルカバーを使っていました。
ですが、ちょっと高さのあるタイプだったため、よく引っかかって外れてしまっていたので、
少し高さの低いタイプに付け替えることにしたんです。

今までのものを取り外して、両面テープをはがそうとしたら、これがまったくきれいにとれない!
まずは、ドライヤーで暖め作戦。

まったく効果なし。

んじゃアルコール作戦。ちょっと贅沢にスピリタスを使ってみる。

んーダメ。

ググってみるとお酢とかベンジンとかを使う方法もあったけど、
もうかなりめんどくさくなってきたので、臭うのを覚悟で灯油作戦。

なんということでしょう。まったく効果がない、というより、
むしろベタベタが残っていくー。


スクレイパーを使っても1mmずつしかとれない。

消しゴムを使うという方法も。

粘着部分に消しゴムかすがどんどん吸い取られていくーーー

その消しゴムかすを仕方なく指でこすって鼻くそのように丸めてたら、
あれ…
これが一番きれいにとれるじゃん。
粘着部分にいろいろ塗りたくってビショビショだったところ、
乾かしてから指でぐりぐりこすったら、わりときれいにまとまって剥がれていきます。

指ってすげー!!

てか人間ってすげー!!

と思った出来事でした。
あーもうほんとに疲れたわ。

すっかり懲りてしまったクリキンディ、
新しく取り付けたコードカバーの両面テープは、
全部じゃなく、一部のみを貼付ける方法に変えましたとさ。
もう誰もつまづきませんように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。