映画グレイテストショーマンのものすごく不満なところ


公開されるのを待ってました〜!
映画ラ・ラ・ランドもすごくよかったし、そのチームが手がけた映画なら絶対いいはず!
と思ってとっても楽しみにしていました。
しかも、公開に先駆けて、昨年めっちゃ話題になった登美丘高校のダンス部のコラボ映像まであるじゃないですか。

この他にも宣伝として公開されている曲や映像を見て予習。
もうつかみはバッチリオッケーです。

そしてようやくチケットをとってみると、日曜の夕方だからなのか、めっちゃ人が少ないやんけ〜
まぁ隣を気にせずにゆっくり見られていいわ、と思っていたのですが…

簡単にストーリーをお話しすると、
貧しい家に育った少年が、富豪のお嬢さんに恋をして、成り上がって幸せを掴むという、
よくあるお話しです。
省略し過ぎかな〜(笑)

まぁネタバレしたからどうって映画ではないんですけどね、一応まだ公開されてから日が浅いし、これ以上は書かないことにしておきます。

この映画はミュージカルですから、ほぼすべてのストーリーが歌に乗せて語られていくわけですが、
そこにこそ私の最大のフラストレーションがありました。

オープニングは、QUEENのWE WILL ROCK YOUを思わせるような、足踏みと手拍子から始まり、
途中、コール&レスポンスっぽいところがあったり、
自然音からの曲リズムに繋げるところが面白かったり、
一緒に踊り出したくなるような曲が満載なんです。

しかも今時の映画館ってめっちゃ音響がいいじゃないですか。
左右だけじゃなく、後ろからも気持ちのいいバランスで音楽に包まれるわけで、

もうね、一緒に手拍子、足拍子したいんですよっ!
でもって体を揺らしてノリノリでイエ〜ッ!とか言いたいわけですよ。

静かで暗くて、人の少ない映画館で、その衝動をこらえるのにどれほどエネルギーを使ったことか!(笑)

これはもう、サントラを聴いてひとりでノリノリするしかないっ!
映画館を出てからすぐサントラを買うべくツタヤに向かったのですが、在庫してないやんけ…

私のこの「ノリノリしたい」ほてったカラダをどう処理すればいいのよ〜
気分はまるで「♪こんな夜にお前に乗れないなんて」の清志郎の気分です。

iTunes storeでダウンロードできることもわかりましたので、
なんとかひとりでほてったからだをなんとかしようと思います。

https://itunes.apple.com/jp/album/the-greatest-showman-original-motion-picture-soundtrack/1299856714

というわけで、私がこの映画を見てどれほど欲求不満に陥ったのかわかっていただけましたでしょうか。
ぜひ皆さんにもこの気持ちをわかってもらいたいと思いますので、ぜひ映画館に足をお運びください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。