人種差別問題というより男女問題かもしれない


今日は、アカデミー賞受賞の映画を見てちょっとモヤっとしたお話を。
あくまでも個人的な感想ですし、ネタバレも含みますのでこれから見る方は読まないでね〜

2019年のアカデミー賞作品賞は、
巷の評判を軽く裏切って、
「グリーンブック」という、日本ではほぼ誰も知らない映画が受賞しました。

映画グリーンブックのあらすじ

簡単なあらすじを。
1960年代のニューヨークで、ピアニストとして活躍していた、アフリカ系黒人のドン・シャーリー。
まだ、人種差別が色濃く残るアメリカ南部に、演奏ツァーに出るにあたり、用心棒件運転手として雇われたのが、イタリア系アメリカンのトニー・バレロンガ。

もともと人種差別派であったトニーが、ドンと8週間のドライブ旅行をしていく中で、南部の人種差別の実態を目の当たりにし、
ドンの努力と人柄に惹かれ、最終的には親友と呼べるほどの仲になる、というコテコテのロードムービーです。

実話がもとになっていて、原作は運転手であったニック・バレロンガが書いたそうです。

レビューは高評価

もちろん、こんな情報は映画を見た後でググったものなので、
見る前には、どんなものなのか知らずに鑑賞しました。
しかし、見ている途中でなんだかつまらなくなってきて、見るのをやめようかと思ったのですが、
もしかしたらこの後で面白くなるのかもしれないし…と迷ったので、DVDを一旦止めて映画のレビューをググってみました。(←イヤなやつ!笑)
すると、なんだかめちゃ評価が高いんですよ!

そうか、きっと最後まで見ればこの映画の良さがわかるに違いない!と思った私、眠気をこらえて頑張ってDVDを見続けました。

しかし、エンディングロールまで見て、やっぱり私のハートにはヒットしなかった〜。
でも、この映画を高く評価した人の気持ちがわからないわけでもない。
じゃあ、なぜ私がこれを面白くないと感じるんだろう…?と考えてみました。

感情移入できない

すごく簡単に言えば、主人公のトニーに感情移入できなかった、ということになるでしょうか。

トニーには、とても素敵な理想的な奥さんとかわいい子供がふたりいます。
運転手になる前は、ちょっと高級なナイトクラブで働いており、めんどうな酔客のあしらいがうまく、喧嘩っ早い男性として描かれています。
教養はないけれど、頭の回転が早く、腕っ節が強い。
というキャラが、たぶん私の好みじゃないんですね。笑

そしてピアニストのドンは、幼い頃から音楽の才能を見出されて高度な教育を受け、人種差別の圧力の中で、紳士的にふるまうことでプライドを保ってきた人物として描かれています。
こちらもまた、なんともいえないステレオタイプとして描かれていて、ちょっと感情移入しにくい〜。

ドラマに登場する女性たちは、本当にただの脇役でしかなく、表面的にしか描かれていないので、そっちにも興味が持てない…。

アメリカ南部地域の人種差別については、もう数え切れないほどの作品で描かれてきているので、特に目新しい感じもないし…

なぜこれが作品賞なの?
ただ無難な感じはするけど…
と思っちゃいました。

男が好きな映画と女が好きな映画

おそらく、この映画に高評価をつけた人は、主人公に感情移入できた人だろうと思います。
たぶん、男性の割合が圧倒的に多そうな気がします。

今まであまり考えたことはなかったんですが、男性が好むストーリーと女性が好むストーリーって、実は全然違うんだなぁ、と今更ながら気づきました。

例えば、黒澤明監督の映画、これもどちらかと言えば男性からの評価が高い作品だろうと思いますよね。
あとはゴッドファザーシリーズとか?

女性が好きそうな映画は、なんだろう〜?やっぱり恋愛ストーリーでしょうかね。
映画じゃないですが、韓国ドラマの「冬のソナタ」とか「トッケビ」とか、絶対女性ファンの方が多いでしょ!?
ディズニーのお姫様シリーズもそうでしょうね。

まぁ個々人の好みもありますので、一概には言えないのですが、
この違いはいったいどこからくるのかなぁと掘り下げたくなっています。

私個人の人生のテーマのひとつとして、
「男性性エネルギーと女性性エネルギーの調和」
というものがあるのですが、これが本当に難しい!

自分の性格は、かなり男性っぽいところがあると思っているのですが、こうして映画を分類してみると、やっぱり女性が好きそうな映画が好きなんですよね。
あ、私にも女っぽい部分がちゃんと存在しているんだな…みたいな。

というわけで、映画としては「面白かった〜!また見たい」と思うようなものではありませんでしたが、いろいろと考えるきっかけになった作品ではありました。

いや〜それにしても、なんでこれがアカデミー作品賞なんやろ〜?
そこはスッキリしないまま…
そもそもアカデミー賞の作品を選ぶポイントはどこにあるのかな…?
しかし、もっと理解できないのは、カンヌ映画祭の基準かも…笑

うーん、受賞するとかしないとか、そこを基準にする必要はないということかもしれませんね。
ああ、審査員の好みなのね、今回は私と違っただけ。
いろんな人がいて、いろんな価値基準があるから、たぶん地球は面白いんですよね。

ちなみに、最近見た映画でよかった〜!と思うのは…
「pk」「バーフバリシリーズ」「Greatest Showman」「君の名は」「モアナと伝説の海」あたりかなぁ?
最近じゃないじゃん!と言われそうですが、今年見たもので「よかった」ものがなかったということで…
あくまでも個人的な好みですのでご勘弁を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。