愛すること 愛されること


もしも、あなたの愛する人が、
あなた以外の人を愛してしまったら…
あなたは、その人のことを嫌いになりますか?憎みますか?恨みますか?

何年もつき合っていて、
結婚しようと思っていたあの人が、
突然「ごめんね、他の人を好きになってしまったから別れて欲しい」
そう言われたら、
あなたは、その人のことを嫌いになりますか?憎みますか?恨みますか?

何年も一緒に暮らしてきた夫(または妻)から、
突然「ごめんね、他の人を好きになってしまったから別れて欲しい」
そう言われたら、
あなたは、その人のことを嫌いになりますか?憎みますか?恨みますか?

何年も育ててきた大切な息子(または娘)から
突然「愛する人ができたから、この家を出ていきます」
と言われたら、
あなたは、その人のことを嫌いになりますか?憎みますか?恨みますか?

この違いはどこにあるんでしょうね?
相手が恋人や夫婦である場合、
「許せない」という気持ちになるのに、
それが子供であれば、「嫌い」になることはまずありませんよね。

これって、
同じように「相手を愛している」ように見えますが、
本当は違うんじゃないでしょうか。

相手を許せない、と思っている時は、
「愛されたい」もしくは「愛されるべきだ」って思っている時なんじゃないでしょうか。
だって、本当に相手を愛しているなら、相手の幸せを願うはずですよね。

相手が誰かを好きになって、幸せになりたい、と考えていて、それを行動に移した、
それは、
相手が自分を愛していないことがはっきりわかった、ということでもあります。

自分が相手に愛されたいと考えているなら、
それは不幸のはじまりです。

でも、相手を愛したいと考えていたら、
それは不幸とは言えません。

まず一番に「自分の幸せ」を考えるから、自分を不幸にしようとする相手を許せなくなる。
「相手の幸せ」を考えれば、相手を憎む理由もなくなります。

「愛」を求めているばかりでは幸せになれず、
「愛」を与えることで、本当の幸せになれるのかもしれないなぁ、と
最近思い始めました。

愛に限らず、人生すべて、こんな法則があるんじゃないかな…
そう思わせてくれたのが、
雲黒斎さんの「あの世に聞いた、この世のしくみ」に最近連載されている、
「極楽飯店」です。

クリキンディの話じゃ、ちっとも説得力ないし〜
と思った方は、ぜひ読んでみてくださいね。
(まだ完結していませんので第1話からどうぞ)

人気ブログランキングへ←あなたが幸せでありますように


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。